体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Pixlr : 簡単にプロっぽいの写真の加工・調整ができるフォトレタッチアプリ、Chrome OSにも対応

Chrome OS にもしっかり対応していて Android スマートフォンだけでなく、Chromebook でも簡単にプロレベルの写真補正が行えるフォトレッチアプリ「Pixlr」をご紹介します。
Pixlr は様々なフォトレタッチ機能とコラージュ作品の作成機能を備えたアプリです。
Photoshop Express や Snapseed などのフォトレタッチアプリは Google Play ストアで様々なものが配信されていますが、その中でも Pixlr は高度なツールでも専門知識を習得することなく使いこなせる UI を取り入れており、誰でも気軽に使いこなせる点でおすすめです。
本記事では Chromebook を使って Pixlr をご紹介します。
Pixlr では、編集モードや各種ツールは大きなアイコンとして表示され、ユーザーは完全に日本語表示のツール名をマウスでクリックするか、画面をタッチするだけで利用することができます。
このシンプルさが Pixlr の売りです。
例えば、料理の写真の切り抜いて、明るさを調節し、背景を少しぼかす加工を施したい時には、Pixlr の編集ツールパネルで、「切り抜き」→「調整」→「ぼかし」のタイルを選択し、それぞれのツール画面を操作すれば完了します。
Pixlr の編集ツールにはフォトレタッチアプリで定番の調整ツール(露出 / コントラスト / 色温度 / 彩度 / ハイライト / シャドウなど)、ぼかし、スムーズ、赤目補正、シャープネス補正、自動補正、自動コントラスト補正なども備わっており、さらに、手書きツールやテキスト合成、フィルター機能もあります。
いずれもツール名を選択後に下部のスライダーなどを動かすなどして適用度を調節します。
写真を SNS でシェアする時にコラージュを利用している方は多いかと思いますが、Pixlr でもそれは可能です。
しかも豊富なフレームを備えているのでレイアウトも比較的自由に決められます。
出来ることはやはり、Photoshop や Snapseed、Fotor といった有名なアプリの方が上だと言えますが、使いやすさにおいては Pixlr に分があります。
Pixlr」(Google Play)

■関連記事
Googleレンズ 1.0がGoogle Playストアでリリース
Pixel 3のコードネームは「blueline」か?
Androidベースの10.3インチデジタルノート「Good e-Reader 10.3」が登場

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。