体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

千葉興業銀行と大垣共立銀行が楽天Edyの銀行チャージに対応

楽天は 6 月 4 日、電子マネー「楽天 Edy」のスマートフォンアプリからチャージ可能な銀行に千葉興業銀行と大垣共立銀行の 2 行を追加しました。
楽天 Edy アプリでは、事前に対応する銀行口座のアカウントをアプリでリンクさせると、手動または自動で銀行口座からチャージ分を直接引き落とせます。
これが千葉興業銀行と大垣共立銀行でも可能になりました。
この 2 行の預金口座をお持ちの方には嬉しいお知らせです。
通常は、手動でチャージする方が多いと思いますが、楽天 Edy アプリでは、チャージ金額や限度額などを事前に設定すると、自動的に預金口座から指定した金額が引き落すオートチャージサービスも利用できます。
今回の 2 行追加により、楽天 Edy がサポートしている銀行は全 55 行に拡大し、そのうち地銀は 50 行に増えました。
Source : PRTimes

■関連記事
Googleレンズ 1.0がGoogle Playストアでリリース
Pixel 3のコードネームは「blueline」か?
Androidベースの10.3インチデジタルノート「Good e-Reader 10.3」が登場

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。