体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Androidベースの10.3インチデジタルノート「Good e-Reader 10.3」が登場

大きくデジタルノートと電子書籍リーダーとして利用できる Android を搭載した「Good e-Reader 10.3」の開発プロジェクトが Kickstarter で開始しました。
Good e-Reader 10.3 は 10.3 インチ 1,872 x 1,404 ピクセルという大きく解像度の高い E Ink ディスプレイを備えたデバイスで、画面にはワコムのタッチペンレイヤーを追加しており、10 点のマルチタッチはもちろん、スタイラスペンでの文字入力にも対応しています。
外観は大きな電子書籍リーダーといったデザインで、電子書籍リーダーとして使用できることはもちろんのこと、デジタルノートとしても使用することができます。
OS は Android 6.0 と少し古いのですが、Google Play 対応なので、Android タブレットと同じような間隔で操作したり、アプリを追加することができるのです。
この点が他のデジタルノートとは大きく異なる部分になります。
E Ink ディスプレイを採用したデバイスの大半は電子書籍リーダーですが、Good e-Reader 10.3 では、消費電力が低く、文字も紙のように見やすい E Ink の利点を生かし、デジタルノートとしても使用できるようにしている点が売りです。
また、フロントライトとコンフォートライトの両方を装備する Android ベースの電子書籍としては世界初となり、これらのライトによって、暗い場所でも画面を見ることができ、昼間には寒色系の色で表示し、また夜間には暖色系の色へと変化させて見やすくすることもできます。
バッテリー容量は 4,000mAh で、一回の充電で約 17,000 ページをめくることができるとされています。
大容量バッテリーを搭載していますが、本体重量は 435g とそこそこ軽量です。
Good e-Reader 10.3 の価格は CA$ 649(約 55,000 円)で、2018 円 11 月yり出荷が始まる予定です。
Source : Kickstarter

■関連記事
Googleレンズ 1.0がGoogle Playストアでリリース
Pixel 3のコードネームは「blueline」か?
Googleの電話アプリがv20にバージョンアップ

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。