体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Googleレンズ 1.0がGoogle Playストアでリリース

Google は 6 月 5 日、AI を活用したビジュアル検索サービス「Google レンズ」の v1.0 を Google Play ストアにリリースしました。
機能がスタンドアロンのアプリとなったことになります。
これまで Gogole アプリの組み込み機能だった Google レンズは Google アシスタントと同様にスタンドアロンのアプリとなり、利用できる機種が増えたほか、個別にアップデートされるようになりました。
それもでアプリはまだ日本語には対応しておらず、日本でも配信されていません。
Google レンズとは、カメラに映る物体を AI 認識して、関連情報を表示したり、テキストデータなら抽出することもできる機能です。
簡単な例では、メニューから料理を検索したり、ポスターの日付を読み取りカレンダーに予定として追加したり、住所を読み取り Google マップで目的地までの経路を検索することができます。
名刺ならそのまま連絡先に追加することもできます。
Google レンズを試したいだけなら、端末のシステム言語を英語に変更すると Google アシスタント内で利用できます。
アプリを個別にインストールするとアプリアイコンをタップするだけで起動できます。
Google レンズ」(Google Play)

■関連記事
Pixel 3のコードネームは「blueline」か?
Androidベースの10.3インチデジタルノート「Good e-Reader 10.3」が登場
Googleの電話アプリがv20にバージョンアップ

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。