体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「昔のケータイってツノが…」 ハロプロ・つばきファクトリーがマイケータイを語り尽くす

ケータイとハロプロの歴史を振り返る

1988年、IDO(当時)からショルダーフォンが発売され、auケータイの歴史は始まりました。緊急時にでも連絡が取れるツールとしてコミュニケーションのあり方を劇的に変え、また当時は社会的地位の高いおじさまたちのステータス(?)としても認知されていました。それが、たった10年後には“若者のコミュニケーションツール”へと進化していったのです。

ちょうどその頃にハロー!プロジェクトが誕生。のちに日本アイドル界の中核をなす一大ムーブメントへと発展します。

2018年、ショルダーフォン登場から30年を迎えたauと、20周年を迎えたハロー!プロジェクトがコラボレーション。ケータイの進化の歴史を現役ハロプロメンバー総勢46名と振り返る「auハロプロケータイ図鑑」を公開しました。

もっと知りたい
auハロプロケータイ図鑑

そこで「TIME & SPACE」では、全6回にわたって各グループの「ケータイ座談会」をお届けします。「ケータイとわたし」をテーマに、みっちりお話し聞いてきました。

今回は、つばきファクトリー。小片リサさん、新沼希空さん、谷本安美さん、岸本ゆめのさんの4名(手前から順に)が登場。目の前に並んだ古いケータイたちと、「auケータイ図鑑」のウェブサイトに興味津々。早くも思い出話が弾みます。

PCで過去のauケータイが一覧できる「ケータイ図鑑」ウェブサイトを眺めるつばきファクトリーの小片リサ、新沼希空、谷本安美、岸本ゆめの
座談会に出席した面々。左から小片リサさん、新沼希空さん、谷本安美さん、岸本ゆめのさん。過去のauケータイが全部見られる「ケータイ図鑑」ウェブサイトでそれぞれの気になるケータイを探し中

「親の機種変後のケータイでおままごとしてた!」と岸本さんが口火を切ると、「うん、たしかに昔のケータイって“ツノ”がありましたよね」と新沼さん。「アンテナだよ」と小片さんは笑う。そして谷本さんは「全然、馴染みがなーい(笑)」。

そんな4人のケータイトーク、まずは人生最初のケータイとの出会いから。

つばきファクトリーのマイ・ファーストケータイ

新沼「小学5年生のときです! 小学生向けのファッション誌に載っていて、憧れて買ってもらいました。ちょうどお留守番も多かったので、それも理由に(笑)。」

岸本「私は小3かな。親と離れて行動し始める時期だったし。それ以前から、おままごと用に使ってたのは、写真が撮れたり着信音は鳴ったりするけど、致命的な欠陥があって……。」

谷本「なあに?」

岸本「通話できないこと(笑)。つながったらいいのになーっていっつも思ってたんです。」

小片「私は小1から。ダンスレッスンの帰りが遅くなるから。当時は友だちが誰も持ってなくて、いち早く手に入れて自慢したかったんです。」

――キッズ向けケータイですか?

小片「「そんな子どもっぽいのはヤダ!」って拒否してました。背伸びしてフツーのガラケーにしたんですけど、周りが誰も持ってないから誰とも話せなかった(笑)。」

谷本「私は中学1年で塾に通い始めたのがきっかけでした。」

――小片さんみたいなこだわりはありました?

谷本「いえ。型落ちした機種のなかでいちばん安いのでしたよ(笑)。」

岸本「私、あのニシキゴイみたいなモデル(INFOBAR)に憧れたなー。スマホにするときも、あの流れを汲む機種を検討したもん!」

2003年発売のデザインケータイ「INFOBAR」
2003年発売のデザインケータイ「INFOBAR」

Androidへの愛を熱く語る谷本安美。岸本ゆめのの補足説明を新沼希空も聞く
1 2 3 4次のページ
TIME & SPACEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。