体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「2018 FIFAワールドカップ ロシア」直前! ジョン・カビラが対戦相手3カ国の料理を食べ尽くす!

「2018 FIFAワールドカップ ロシア」直前! ジョン・カビラが対戦相手3カ国の料理を食べ尽くす!
J-WAVEでオンエア中の『〜JK RADIO〜 TOKYO UNITED』(ナビゲーター:ジョン・カビラ)。6月1日(金)のオンエアでは、「2018 FIFAワールドカップ ロシア」直前ということで、サッカー日本代表と対戦する3カ国のコロンビア、セネガル、ポーランドの料理を、ジョン・カビラが平らげました。

■コロンビアのスタミナ丼「バンデハ・パイサ」

まず、6月19日(火)に対戦するコロンビアの料理を食べるために、恵比寿にある中南米料理店「プント プンタ (PUNTO PUNTA)」へ。さっそく、コロンビア料理を紹介していただきました。

中南米料理店「プント プンタ (PUNTO PUNTA)」

ジャガイモの原種「アンデスポテト」をつかったポテトフライ「パパクリオージャ」は、コロンビアのおばあちゃんに教えてもらったという秘伝のサルサソースとともにいただきます。カビラは「すごくクリーミー!」と絶賛。

ポテトフライ「パパクリオージャ」

続いて、ボリュームたっぷりのコロンビアのスタミナ丼「バンデハ・パイサ」。ライス、目玉焼き、パタコン(バナナを輪切りにして揚げたもの)、フリホーレス(豆を煮込んだもの)、チョリソー、スペアリブ、アボカド、トマト、リーフサラダがワンプレートにのっています。ちなみに、「バンデハ・パイサ」は、コーヒー農園で働く人たち「ロス・カフェテロス」の料理で、その名前がコロンビア代表の愛称になっています。

コロンビアのスタミナ丼「バンデハ・パイサ」

オーナーシェフ・小泉 明さんは、コロンビアと日本の血が流れており、両方応援しているものの、前回は日本を応援したので、今回はコロンビアを応援していると言います。

また、ワールドカップの初戦・日本戦が決定したときにコロンビアのいとこから「悪いね、かわいそう」と、LINEが送られてきたらしく、すでに現地では日本の監督解任騒動や、メンバーが4年前と変わらない布陣であることなどの情報が報じられているようです。

オーナーシェフ・小泉 明さんと共に

そんなコロンビアの注目選手は、以下の3人です。

ドイツ・ブンデスリーガの優勝チーム、FCバイエルン・ミュンヘンのハメス・ロドリゲス。
イタリア・セリエAの優勝チーム、ユヴェントスFCのフアン・クアドラード。
フランス・リーグ・アンの準優勝チーム、ASモナコのラダメル・ファルカオ。

カビラが「弱点を知りたいです」と話すと、小泉さんは「唯一不安なのは、先制点をとられると、コロンビアが崩れちゃうんじゃないかと。のせちゃうと強いんですけど、日本が先に1点とると焦り始めるかな。クアドラードあたりが短気なので」と、懸念点を挙げました。しかし、小泉さんは「コロンビアには高いところを目指してほしい」と、ベスト8以上の成績を期待しました。

■セネガル料理3種盛り

続いて、6月24日(日)に対戦するセネガル。港区麻布台にある「Blue Baobab Africa (ブルーバオバブ アフリカ)」で、セネガル料理3種盛りをいただきました。

セネガル料理3種盛り
1 2次のページ
J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。