体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Urban Outfittersのオンラインショップ、代金後払いシステムを導入

ネットショップですごく気に入った服を見つけて、思わず「購入」ボタンをポチッとしかける。しかし、財政的にピンチなことに気づいて、あきらめたことはないだろうか。

でも今すぐ着たい、という気持ちが強いこともあるし、次の給料まで待ってたらなくなるかも…という心配もあるだろう。そこで、若者に人気のアパレルブランドUrban Outfittersはオンラインショップ限定で代金を後で分割払いするシステム「After pay」を導入した。

・代金を4回払いに

「Shop now. Enjoy now. Pay later.」とうたうように、先に商品を購入して入手し、後で払うというもの。支払いは代金を等分した額を4回に分けて払う。

この後払いシステムの利用に際して手数料はかからないが、それぞれの支払い期限を過ぎると延滞料金が発生する。つまり、計画的にきちんと払えればかなり便利なサービスといえる。

・若者心理に対応

Urban Outfittersは若い世代に人気のブランドだが、往々にして若者は毎月の収支がギリギリだったりするもの。その一方で、ファッションにこだわりがあったり、デートするのに同じ服を着たくないという見栄もあったりする。

今回の代金後払いサービスはそんな若者心理を突いたものといえそうだ。

日本では、クレジットカード会社がリボ払いサービスなどを展開しているが、後払いという点ではそれに近い。しかし、小売サイトが独自にこうしたサービスを展開するのはかなり珍しいだろう。

消費者に幅広い選択肢を提供し、無理なく買い物してもらうという点で、受け入れられる余地はありそうだ。

Urban Outfitters

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。