体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

すっぱいドレッシングはもう飽きた!「しょうが味噌」の梨サラダ

すっぱいドレッシングはもう飽きた!「しょうが味噌」の梨サラダ

サラダレシピを提案する際には、基本的にドレッシングもイチからつくるのが「Food52」のスタイル。Wild + Wholeさんが紹介するのは、ジンジャー味噌ヴィネグレットを使ったサラダです。

ジンジャーと味噌というと、どことなくアジアンテイストな印象ですが、サラダの具材にウォルナッツと梨を入れると西洋風に一変。このレシピにお肉は入っていませんが、冷しゃぶを乗せれば、これまた日本の暑〜い夏にお似合いな一品になりそうです!

ジンジャー味噌サラダ

すっぱいドレッシングはもう飽きた!「しょうが味噌」の梨サラダ© 2012 James Ransom

簡単、さっぱり、ヘルシー、おいしい!
塩っけもあり、甘さもある。そして味わい深い。サイドとしてもバッチリですし、グリルしたお魚やチキンを乗せれば、メインディッシュにもなりますよ。

材料:2人分
(サイドの場合は4人分)

<ジンジャー味噌ヴィネグレット>

米酢:1/4カップ

味噌:大さじ2

※私は赤が好きですが、マイルドな仕上がりにするなら白

砂糖:大さじ1

しょうが(皮を剥いてすりおろす):小さじ1

にんにく:1片

チリソース(シラチャーソース):4滴

ごま油:大さじ3

 

<サラダ>

ガーデンレタスミックス:手一杯分

バターレタス:1玉

梨(薄くスライス):1個

焼きカシューナッツ(塩を振る):手一杯

赤玉ねぎ:中サイズ1個

赤ワイン酢:適量

砂糖:ひとつまみ

タイム:小さじ1

塩こしょう:適量

作り方

<しょうが味噌ヴィネグレットソース>

【1】小さなボウルにすべての具材を入れる。ごま油が完全に混ざるようにゆっくり混ぜる。
※ドレッシングは全部使わなくてもOK。味が濃いので、かけすぎないように注意。

<サラダ>

【1】大さじ1杯分の油をフライパンに敷いて、中火にかける。赤玉ねぎを入れて、キャラメリゼする。少し乾いてきたら、赤ワイン酢をひとかけ注ぐ。タイムと塩こしょうで味付けをする。

【2】レタス、梨、カシューナッツ、キャラメリゼした赤玉ねぎを一緒にからめ、ソースを注げばできあがり。

【Food52よりjvcooksさんのレビュー】

さっぱりといただけるこのサラダ、味と食感の組み合わせに舌も大喜びです。甘辛ジンジャー味噌のヴィネグレットに包まれるサラダ用のレタスたち、キャラメリゼした玉ねぎ、梨、そして塩気のあるカシューナッツ。玉ねぎが苦手なら、量を半分にしてもOK。

余ったヴィネグレットはとっておきましょう。何にかけてもおいしくいただけますよ。Written by Wild + WholeTop photo: © 2012 James RansomLicensed material used with permission by Food52

More Contents from Food52:
Carrot-Ginger Dressing (Benihana Style)
No-Frills Miso Dressing

関連記事リンク(外部サイト)

赤味噌としょうがでつくるお味噌汁は「タコ」が主役
わが家の定番にしたい、「おかず」になるお味噌汁
油でソテーした「ピーマン」が主役のお味噌汁

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。