体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Chara「紙の鍵盤でイメトレしてました」幼少期の音楽体験を語る

Chara「紙の鍵盤でイメトレしてました」幼少期の音楽体験を語る
J-WAVEの番組『SEIKO SOUND STORAGE』。ミュージシャンやスポーツ選手など、各界で活躍するゲストがマンスリーで登場します。6月のマンスリーゲストは、Charaさんです。 6月1日(金)のオンエアでは、Charaさんの音楽体験について伺いました。

■小さな頃は「紙の鍵盤」でイメトレ

Chara:私、今年で50歳になったんです。音楽体験は、デビューしたのが23歳、歌ったのが20歳。わりと遅かったんですけど、子どもの頃から楽器が大好きで、時代的に、ピアノ教室とかがすごく流行っていました。最初の音楽教室は、幼稚園の2階に教室があって、隣のお家の大好きな子が先に行っていて、「お友だちと一緒に行きたい」みたいな感じから入ったんです。そこの教室の延長で、作曲する授業があって。先生が最初にイントロメロディを考えて「じゃあ、この続きをサンドイッチ形式で作ってきてください」と。パンが明るいコードだとしたら、中の具として暗いマイナーコードを挟んで、「サンドイッチを作ってきてね」という宿題をやってたんです。そんなに裕福な家ではない、中流くらいだと思うんですけど、物を買い与えないということで、最初は鍵盤が紙に描いてあるものでイメトレしていました(笑)。

子どもの頃は、「結婚したらグランドピアノがほしい」と母に言ったり、楽器を弾きながら歌う弾き語りスタイルに憧れていたと言うCharaさん。印象に残る曲として挙げたのは、小学1年生の頃に耳でコピーしたシンガーソングライター・小坂明子さんの『あなた』でした。

Chara:小坂さんは当時17歳ぐらいで、グランドピアノを弾きながらラブソングを歌われていて、大ヒットしたんです。私は、その曲がすごく好きで、そんなラブソングとは知らずに大人になってから「えっ! 17歳でこんな(曲を)!?」と思いました。すごくいい曲で、私もカバーさせてもらったことがあります。

音楽と縁のない家庭で育ったものの、自宅に1台のレコードプレイヤーがあり、母の好きな映画音楽やクラシックを聴いたり、少し大人になってからは父のビートルズのレコードを聴いたりしていたCharaさんは、洋楽を聴くようになったきっかけはラジオだったと言います。

Chara:今みたいにiTunesもShazamもないから、「なんていう曲だろう」ってわからないんですけど、とにかくカセットで録音したりしていました。あとは、音楽に詳しい友だちや先輩に訊いたりして、だんだんボキャブラリーが増えていきました。好きになった曲のひとつで、プロコル・ハルムの『青い影』は、けっこう作曲にも影響を受けているなと思います。

■演奏の楽しさを知ったきっかけ

Charaさんは小さい頃、みんなの前で「伴奏」したことをきっかけに、演奏の楽しさに目覚めたそうです。

Chara:ちょっと鍵盤ができて耳コピができると、音楽の時間とかに「伴奏して」と言われるんですよね。大体そういう係でしたね。今はその延長ですかね。最初に、先生の代わりに演奏したのを今でも覚えています。幼稚園のときなんですけど、紙の鍵盤も買ってもらえてないときに、先生がやってるのを目と耳で覚えて、「ああやって弾くんだ」って、「さよならの会」の曲を弾いたんです。名前が「みわ」なので、「みいちゃん、先生の代わりに弾いてくれる?」って言われて弾いたら、みんなが歌ってくれたのがすごく楽しくて、それがきっかけですかね。先生、ありがとうございます。これを聴いている教育者の方々、子どもにはいろいろな隠れた才能がありますので、ぜひ見出してサポートしてほしいと思います。

オンエア後半では、小学生のときに憧れて姉妹でハモったという、ノーランズの曲の中から、「洋楽で初めて耳コピしたカバー曲」として『Touch Me In The Morning』を紹介しました。

Charaさんは現在、ツアー「Shut Up And Kiss Me!〜Sweet Soul Sessions Supreme〜」を開催中。6月16日(土)・17日(日)は、Motion Blue YOKOHAMA、7月4日(水)・5日(木)はBlue Note Tokyoで行います。詳しくは、オフィシャルサイトをご確認ください。

【この記事の放送回をradikoで聴く】
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『SEIKO SOUND STORAGE』
放送日時:金曜 24時−24時30分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/soundstorage/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。