体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

コスパも魅力な「新感覚ワイヤレスイヤホン」

コスパも魅力な「新感覚ワイヤレスイヤホン」

iPhone7以降、イヤホンジャックがなくなったのを機にワイヤレスイヤホンに乗り換えた人も多いはず。街中でも「AirPods」を使用している人をかなり見かけるようになりました。

でも、もしあなたがまだワイヤレスイヤホンに移行していなかったとしたら、こんな選択肢はどう?

イメージは、タッチ操作ができるカラフルな「AirPods」。コスパも魅力な「新感覚ワイヤレスイヤホン」© Mobvoiコスパも魅力な「新感覚ワイヤレスイヤホン」© Mobvoiコスパも魅力な「新感覚ワイヤレスイヤホン」© Mobvoi

この「TicPods Free」の最大の特徴は、イヤホン自体をタッチすることでさまざまな操作を可能にしたこと。

ダブルタップで電話に出たり、切ったり。長押しで音声アシスタントを起動したり、なぞるようにして音量を調節したりもできます。

実際のところ、スマホを操作せずとも上記のようなことが可能という点は、特に目新しいものではありません。が、一見すると「AirPods」に見えるイヤホンをタッチしている絵こそが新感覚なんです。コスパも魅力な「新感覚ワイヤレスイヤホン」© Mobvoiコスパも魅力な「新感覚ワイヤレスイヤホン」© Mobvoiコスパも魅力な「新感覚ワイヤレスイヤホン」© Mobvoi

現在、クラウドファンディングサイト「Indiegogo」にて資金調達中。いまなら89ドル(約1万1千円)からとコスト面も魅力的です。

カラーは、白、赤、青の3色展開。個人的には紺に近い青が、価格の割に高級感があって好み。Top photo: © MobvoiLicensed material used with permission by Mobvoi

関連記事リンク(外部サイト)

専用ケースに入れておくだけで、充電ができるワイヤレスイヤホン。
1万アンダーで高音質。もうひとつ「選ぶ理由」があるイヤホン。
気持ちいいぐらい耳にフィットする「完全ワイヤレスイヤホン」。

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。