体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

第一の壁となった3000件の「用地取得」。限界まで努力したが、涙を飲んで法手続に着手――外環道(千葉区間)開通の裏側に迫る<第1回>

第一の壁となった3000件の「用地取得」。限界まで努力したが、涙を飲んで法手続に着手――外環道(千葉区間)開通の裏側に迫る<第1回>

6月2日、いよいよ東京外郭環状道路(通称「外環道」)の千葉区間(三郷南IC~高谷JCT)が開通した。このプロジェクトに費やされた時間は約50年、総費用は約1兆5000億円にものぼる。もちろん、すんなりと開通の日を迎えられたわけではなく、この50年の間にいくつもの高くて分厚い壁がプロジェクトメンバーの前に立ちはだかった。そこで共同で事業を進めてきた国交省と東日本高速道路株式会社(NEXCO東日本)の両現地責任者や現場スタッフに取材。外環道千葉区間開通プロジェクトの知られざる“真実”に迫った。

慢性的な渋滞を減らすだけではない

▲外環道

東京外郭環状道路(以下、外環道)はその名の通り、首都圏の少し外側、半径約15kmのエリアを結ぶ延長約85kmの環状の幹線道路で、3環状9放射ネットワークの一部だ。外環道プロジェクト構想が生まれた背景には、日本の高速道路網の整備の歴史にある。日本はまず、東京から地方へ伸びる高速道路を整備していった。その結果、地方からのあらゆる交通が東京に集中することになり、東京に用事がない車も一旦東京に入ってから目的地へ向かわざるをえない状況が長らく続いた。これにより、ただでさえ交通量が多い都内に、地方から来た車が集中することで慢性的な渋滞が発生。この問題を解決するため、地方から来る車が都心に入る前に、外側で受け流すことを目的として外環道の整備が計画されたというわけだ。

今回開通した外環道千葉区間は松戸市小山から市川市高谷に至る総延長約15.5kmの道路。高速道路だけではなく国道298号線も合わせて整備が進められてきたことが千葉区間ならではの特殊な事情である。国交省の現地責任者として外環千葉区間の事業を統括・指揮する、国土交通省関東地方整備局首都国道事務所所長の甲斐一洋氏は、千葉区間開通による期待される効果を次のように語る。

▲国土交通省関東地方整備局首都国道事務所所長の甲斐一洋氏

「外環千葉県区間は、東京都心の渋滞を緩和することをコンセプトに計画されており、首都圏の車の流れをダイナミックに変える路線です。高速道路ができるといろんなエリアにアクセスしやすくなるという利点があります。外環道によって、例えば、千葉湾岸エリアと東北道がダイレクトに繋がるので、これまでのように、東北道に入るために一度首都高を経由する必要がなくなります。これらのエリアには工業地帯や物流拠点が集まっていますので、物流の大幅な効率化、スピードアップが可能となります。

一方で、沿線となる市川市、松戸市にも、様々なメリットがあります。まず、国道298号は、市川と松戸をつなぐ初めての4車線道路。これが開通することにより、周辺道路から国道298号に交通が転換し、市内、あるいは両地域間の移動が非常にスムーズになります。慢性的に発生している沿線地域の渋滞の緩和に加え、渋滞を避けた車が生活道路へ流入している現状も改善できること、さらに、標準で幅4mの歩道と3mの自転車道も国道の両側に整備されることで、安全で快適な都市空間も創出されます」

外環道は生活利便性の向上に大きく寄与するのだ。


3000件もの用地取得」が最初の壁だった

1 2次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。