体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

若い時は、節操がないほうがずっといい――秋元祥治『20代に伝えたい50のこと』

若い時は、節操がないほうがずっといい――秋元祥治『20代に伝えたい50のこと』

大学在学中、21歳で地域活性化に取り組みたいとG-netを創業された秋元祥治さん。経済産業省「地域産業を創り出す33人の演出家たち」のうちの一人として紹介されるなど、活躍されています。そんな秋元さんの著書『20代に伝えたい50のこと』が話題となっています。

『20代に伝えたい50のこと』は現在38歳となる秋元さんご自身が、20代のころに伝えたかった内容をまとめたもの。この本をベースに、“これからの生き方を模索する20代”に向けて「指針」となるような言葉を紹介したいと思います。

第8回目となる今回は、「若い時こそ“節操なく“生きるということ」についてです。

プロフィール

秋元 祥治(あきもと しょうじ)

岡崎ビジネスサポートセンター・OKa-Biz センター長

NPO法人G-net理事(創業者)

1979年生まれ。大学在学中G-netを創業。中小企業支援と若者をつなぐ長期実践型インターンシップ事業を立ち上げ、高校教科書「政治経済」に掲載されるなど高く評価される。一方中小企業支援をf-Biz・小出宗昭氏に師事。2013年よりOKa-Bizセンター長に就任。4年間で8000件を超える相談を受け、売上アップをサポート。3~4週間の相談待ちがでる人気の相談所となっている。経済産業省「キャリ教育アワード」優秀賞、「ものづくり日本大賞」優秀賞などを受賞。早稲田大学社会連携研究所招聘研究員・内閣府地域活性化伝道師。

経済産業省「地域産業を創り出す33人の演出家たち」のうちの一人として、また雑誌「AERA」や書籍『社会起業家になる方法』では、日本の主な若手社会起業家の一人として紹介されている。

「節操」がなくてもいい。好奇心と意欲そのものだから

僕は、学生のころから節操がないと指摘されることがありました。色々な物事に関心を示して、あっちこっちに首を突っ込むさまをそう指摘されたのだと思います。

大学生のころは、面白そうだと思えば、雑誌づくりの集まりにも、学生映画祭の集まりにも顔を出しました。イベントサークルにも行ってみたり、政治の勉強会にも首を突っ込んでみたり。自分でもスケジュールを調整しきれずに、周りに迷惑をかけたことも多かったように思います。

事業を始めてからも、やはりあれやこれやと色々な事業がやってみたくなっちゃう。そういう中で、メンターの一人であるETIC.代表理事の宮城治男さんには「君はしかし、節操がないねぇ」とご指摘いただいたのでした。なんだか一見ネガティブなようで、しかしどこかお褒めいただいているような気もする。

気になって、節操がない、という言葉を辞書で見てみるとこう書いてありました。

「一貫した行動基準を持たない、あるいは基準を貫こうとする意志が薄弱であるさま、貞実でないさま、などを意味する表現。『無節操』ともいう」とのこと(苦笑)。

言われてみれば思い当たる節も多く、あまり否定のしようがないのですが、なんだか気になって時折考えていると、ふと気がつきました。

「節操がないって、実はよいことじゃないか?」

振り返ってみると、多くの大人たちは、若者が充実した日々を過ごすために必要なポイントとして、行動することの大事さを語っていたように思います。みんな言うんです。「まずはやってみよう、行動することが大事だ!」って。

ふとした時に、節操のなさというのは、あれもこれも…色々なことを「知りたい・やってみたい・得たい」という好奇心と意欲そのものだ、ということに気がついたのです。

一つひとつを突き詰めずに、目移りしてしまうという意味ではあきっぽいということも言えるでしょう。

20代で定めた軸が、30代以降を生きる上での推進力になる

節操がない=好奇心の多彩さ×まずやってみること×あきっぽさ
1 2次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。