体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

きっとあなたが知らない「ニカラグア」

きっとあなたが知らない「ニカラグア」

みなさんは中米にあるニカラグアという国をご存知ですか?聞いたことはあっても訪れたことはないという方がほとんどではないでしょうか。中には初めて聞いたという方もいるかもしれません。

2018年の4月に起きた政府に対する抗議デモが各地で発生し、多数の死傷者が出たことでニュースになった国でもあります。

さて、今回はそんなニカラグアがどのような国なのか。自分のエピソードから紹介していきます。ちなみにニカラグアを訪れたのは2017年の10月。95回ピースボートクルーズの寄港地の1つとして訪れました。

きっとあなたが知らない「ニカラグア」

髙橋諒馬

1992年、大阪生まれ。防衛大学校卒業後、陸上自衛隊の幹部として勤務するが、もっと様々なことに挑戦したいと思い退職。その後ヒッチハイクで日本縦断。バックパッカーとピースボートで世界を2周。現在はフォトライターとして活動中。

Twitter :https://twitter.com/R_TAKAHASHI0528/
Instagram :https://www.instagram.com/ryoma_takahashi0528/

 

ニカラグアの中で訪れた都市とルート、移動方法

ピースボートが寄港したのは小さな港町コリント。そこからバスでニカラグア第2の都市レオンへ行き、1泊。翌日バスで世界遺産レオン・ビエホを訪れて、タクシーでコリントへと戻るというルートでした。

ニカラグアのバス値段が非常に安く、1時間ほどの距離でも100円ほど。ただし時刻表があるものの、時間通りに出発しないことがあるので注意が必要です。

 

ニカラグアでのエピソード(人とのエピソード)

photo by Ryoma Takahashi

コリントに入港したピースボートを待ち受けていたのは、地元の人々の熱烈な歓迎でした。船が着岸すると音楽隊のパレードが始まり、みんなデッキに出ては手を振り今か今かと下船の合図を待っていました。

乗客の下船が始まると、今度は学生たちの音楽演奏とチアダンスが始まりました。一通りパフォーマンスが終わると、その後は大交流会。

お互いに記念撮影しあったり、船内で習ったスペイン語を駆使してコミュニケーションをとる人もいたりと、思い思いに交流を楽しんでいました。

 

ニカラグアでのエピソード(場所のエピソード)

photo by Ryoma Takahashi

ニカラグアを訪れた際にぜひ行ってほしい場所が世界遺産レオン・ビエホ。かつてのレオンは入植したスペイン人によってこの地に築かれました。

しかし、火山の噴火と地震によって街は破壊され、レオンは今の場所に移されることになったのです。現在では住居跡などが復元され、植民地時代の歴史を知るうえで重要な遺跡となっています。

そして、合わせて訪れたいのがマナグア湖。レオン・ビエホがあるモモトンボ村からすぐのところにあります。村の外れの小さな森を抜けると一気に視界が開け、目の前には雄大な湖が。

湖畔では馬が水を飲み、水鳥たちが飛び回ります。背後にはレオン・ビエホ誕生の原因となったモモトンボ火山がいまだに噴煙を上げ続けています。

 

知っておくべきキーワードは「サンディニスタ革命」

1 2 3次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。