体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

大森靖子、新アルバム『クソカワPARTY』のジャケット公開 リード曲「死神」にZiNG参加

大森靖子、新アルバム『クソカワPARTY』のジャケット公開 リード曲「死神」にZiNG参加

7月11日に新アルバム『クソカワPARTY』を発売する大森靖子。

本日21:00から同作発売記念の5週連続LINE LIVEの初回「ミッドナイト清純異性交遊ラジオ~天衣無縫編」を生放送し、その中でジャケットを公開した。

今回、クソカワPARTY主催「クソカワジョーカー大森靖子」として、ジャケット写真に君臨。カマを片手に魔法陣を背負い、様々な表情でクソカワPARTYの顔ともいえるCDジャケットを表現している。

ジャケットのアートワークを担当したのは「マジックミラー」のアートワークを担当した祖父江慎率いるコズフィッシュ出身の小川あずさ。魔法陣のイラストは大森靖子のグッズ制作、IDOL SONGのミュージックビデオを担当した青柳カヲル。撮影は数々の広告からファッションまで幅広い活躍を続けている宮原夢画が担当した。

普段から親交のあるクリエイターを起用し、クソカワジョーカー大森靖子が日頃愛して止まない「クソカワ」をしっかりと表現している。

また、アルバムの1曲目でリード曲となる「死神」が6月11日より先行配信をされることも発表。同曲は以前からライヴでも披露されているナンバー。

今回収録される音源の編曲・レコーディングにはサウンドクリエーターユニット「ZiNG」が参加。ZiNGはGuitar・滝 善充(9mm Parabellum Bullet)、Bass・Nob(MY FIRST STORY)、Drums・ピエール中野(凛として時雨)、Compose/Lyric/Arrange・ANCHORから構成されている。現代のロックシーンを牽引する豪華メンバーが集結し、大森靖子の魅力を十分に引き出す、アレンジと音になっている。

今回のアルバムは、全4形態でのリリースとなっており、弾語りの新曲や大森靖子×銀杏BOYZ 2マンライブ、MUTEKI弾語りツアー中野サンプラザ最終公演ノーカット収録など非常にボリューム満点で様々な大森靖子を楽しめる内容となっている。詳しくはオフィシャルサイトへ。

また6月7日から〈COCOROMツアー 2018〉も開催。そのグッズも公開されているので、こちらも合わせてチェックしてほしい。(前田)

【LINE LIVE】
・6月11日(月)21:00~
「ミッドナイト清純異性交遊ラジオ~魑魅魍魎編」
https://live.line.me/channels/38689/upcoming/8521675

・6月22日(金)21:00~
「ミッドナイト清純異性交遊ラジオ~疾風怒濤編」

・6月29日(金)21:00~
「ミッドナイト清純異性交遊ラジオ~暗中模索編」
https://live.line.me/channels/38689/upcoming/8521684

・7月6日(金)21:00~
「ミッドナイト清純異性交遊ラジオ~諸行無常編」

★『大森靖子 LINE LIVE特設販売サイト』期間限定OPEN!★
2018年7月11日(水)発売 アルバム「クソカワPARTY」(3形態のうちいずれか)のご予約・ご購入で、【直筆サイン入りB2ポスター】をプレゼント!
【特設サイト販売期間】
2018年6月4日(月)21:00~7月15日(日)12:00(正午)まで
http://sp.mu-mo.net/shop/rr/ohmori_linelive/
※販売開始日時まで対象商品は表示されません。
また数量限定のため、予定数に達し次第、販売は終了致しますので予めご了承ください。

【リリース情報】
発売日:2018年7月11日(水)
商品名:「クソカワPARTY」
形態:
①[2CD+DVD] 「クソカワPARTY -銀茜宴”シルバニアフェス”-」
価格:¥3,800(本体価格)+税
品番:AVCD-93907~8/B
(収録内容)
~CD~
Disc1
・10曲収録予定+弾き語り「VOID」「黒姫」収録
Disc2
MUTEKI最終公演@中野サンプラザ2018.1.20より
・18曲収録予定
~DVD~
・大森靖子×銀杏BOYZ 2マン「uP!!!SPECIAL dabadabada vol.1」2018.2.27
・新曲2曲のMUSIC VIDEO収録

1 2次のページ
エンタメ
OTOTOYの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。