体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

紫外線はアトピー肌の大敵! 日光の刺激とうまく付き合う方法は?

紫外線はアトピー肌の大敵! 日光の刺激とうまく付き合う方法は?
夏に向けてどんどん日照時間も伸び、日差しが強くなってきましたね。アトピーの方は日焼けや紫外線に対してとくに症状が強く出てしまうなど、日差しの季節にお悩みの方も多いのではないでしょうか。

今回は、アトピーの方やアトピーのお子さんをお持ちの方にぜひ知っておいてほしい、肌に優しい日焼け止めの選び方や避けるべきものなど、肌を優しく守るためのポイントを皮膚科医・小児科医の竹中先生に解説していただきました。

 

アトピーってどんな状態? 

アトピーの男の子

アトピーの方の紫外線ケアについて説明する前に、改めてアトピーについておさらいしておきましょう。 

症状

アトピー、つまりアトピー性皮膚炎とは、もともとアレルギーを起こしやすい人や肌の乾燥しやすい人に見られる、肌の炎症を伴う病気です。よくなったり悪くなったりを繰り返しながら長期間にわたり肌の炎症が続きます。

原因

アトピーは、肌のバリア機能が弱っているために肌にとってよくない物質、例えば細菌やウィルスが容易に皮膚の内側に入ってきてしまうために炎症が起きることが原因の疾患です。

本来であれば、皮膚は外から侵入してくる細菌やウィルスやアレルギーの元となる物質から身を守るためにあるものですが、アトピー性皮膚炎の方の肌はそのバリア機能が弱っているため、いろいろなところから細菌やウィルス、アレルギー物質が入りやすくなっています。そういった外部からの”敵”の侵入によって皮膚が炎症を起こしてしまうのです。

日焼け止めを使ったほうがよい?

日焼け止めを顔に塗る女性

アトピーの方は肌のバリア機能も低下しているため、外からの刺激を非常に受けやすい状態になっています。

アトピー性皮膚炎の原因となるのは、カビ、ハウスダストや化粧品、金属、消毒液などの化学物質、こすったりひっかいたりの刺激、汗、汚れなどですが、それらに加えて紫外線も刺激物質となりえます。

こうした原因に対してはできるかぎり使用しない、当たらないことがベストですが、もしどうしても避けられない場合はそれをガードすることが重要になります。紫外線については日焼け止めを使う、日光に当たる部分を少なくするなどの対策ができるとよいでしょう。 

紫外線によるアトピー肌への影響ですが、紫外線によってかゆみを強く生じたりまた日焼けを強く受けてしまったりというものが挙げられます。

美白化粧品で代替するのは?

ちなみに「紫外線カット機能のある美白化粧品を日焼け止めの代わりにすることはできるのか」という質問がよくありますが、これはアトピーの方にとってはさらなる刺激になりますので控えたほうがよいですね。

美白化粧品には日焼け止め成分以外にも肌を白くする刺激物質が入っています。こうした刺激物質は痛みやかゆみを非常に生じやすく、アトピー性皮膚炎をさらに悪化させる可能性がありますのでできるだけ使用しないようにしましょう。

日焼け止めの選び方・使い方

日焼け止めを塗る女性

アトピー肌に使う日焼け止めは、以下のポイントに気をつけて選びましょう。

1 2次のページ
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。