体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ソーセージやピザだけじゃない!日本人がまだ知らないヨーロッパのグルメを食べ尽くす旅

こんにちは、はじめまして。AYAと申します。

旅が好きで、中南米・ヨーロッパ・アフリカ大陸を中心に50カ国ほど訪れました。ヨーロッパは、フランスにワーホリしたこともあり、旅行先としてもとても大好きな場所です。

今回は、ヨーロッパ旅行といえばこの国!といえるほど主要な4カ国、ドイツ・スイス・イタリア・フランスを、ユーレイルパスを使用し列車で巡る旅をしてきました!

 

長時間フライトも快適!人気のカタール航空でヨーロッパへ

今回ヨーロッパまでの旅はカタール航空を使用します。私にとってはカタール航空も中東の乗り継ぎも初めて。

カタール航空は、スカイトラックス社が発表する接客や座席・ラウンジなど含めた優秀な航空会社の格付け「エアライン・オブ・ザ・イヤー」で2017年総合部門で1位に選ばれています。

旅人からの評判もとても良いエアラインなので、乗る前からワクワクしていました。

成田空港から22:20発の深夜便でまずは乗り換え地のドーハに向かいます。深夜便なので、仕事後に向かえるのが便利です。

機内の様子をご紹介します。

出される紙コップやアメニティなどはこの可愛い柄。

カタール航空はエコノミークラスでも充実したアニメティが配られます。中に入っているのはアイマスク、靴下、耳栓、歯ブラシ、リップバーム。

特に、長時間フライトで靴を脱ぎ快適に過ごせるように履き替えられる靴下と、機内が乾燥対策に使えるリップバームには、大変お世話になりました!

日本〜ドーハ間の機内食には、日本食の選択肢も。しばらく日本の味から離れるので、機内で食べられるのは最高に嬉しい!

約12時間のフライトの後、ドーハ空港に到着し、そこから乗り換えてミュンヘンまで。とっても快適な空の旅でした!

 

ヨーロッパ周遊の味方!鉄道乗り放題のユーレイルパス

今回の旅行は、隣接する4カ国を選んで自由に移動できる「ユーレイルセレクトパス」を使いました。

1 2 3 4次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。