体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ケンコーマヨネーズの料理教室『キッチンスペース831』は参加者大満足!講師&参加者たちの笑顔あふれるレッスンに密着

ケンコーマヨネーズ株式会社が開催する料理教室『キッチンスペース831』は、料理レシピサイト“クックパッド”が運営する「クックパッド料理教室」で紹介されている料理教室。参加者5人の少人数制で、ケンコーマヨネーズ株式会社でメニュー開発を担当する調理のプロが、手取り足取り手厚くレッスンしてくれる。今回は、その魅力に迫るべく料理レッスンに密着! 参加者が笑顔で会場を後にした、ワクワクが詰まった料理教室の様子をお届けしたい。

 

初心者もベテランも大満足の831(やさい)たっぷりメニュー

『キッチンスペース831』は、ケンコーマヨネーズのメニュー開発担当者が講師を務める料理教室。「クックパッド料理教室」として、ユーザー評価により“優良教室”に認定されている。

参加者は定員5名と少人数。そのため講師の目がよく届き、参加者それぞれのレベルに合った指導を受けることができる。丁寧に教えてもらえるので、もちろん料理初心者でもOK! 一方、講師の浜岡優子さんは「ネットで調べても出てこないような情報をお伝えできるよう心がけています」と話すなど、プロの知識を学びたいという料理上手さんでも満足できる内容となっている。

 

レッスンが行われているのは、東京都・高井戸にあるケンコーマヨネーズ東京本社。高井戸駅から徒歩2分という好立地、ビル上には“KENKO”と大きく書かれた看板があるので、超方向音痴の記者でも迷うことなく到着できた。

 

 

エントランスにある受付電話で「料理教室参加者」であることを伝えたら、2階へGO。案内を受けて会場に入ると、大きな窓が広がった開放感たっぷりの空間で、講師たちが笑顔で迎えてくれる。

 

『キッチンスペース831』の“831”は“やさい”を意味し、野菜をふんだんに使ったメニューが中心。栄養に配慮しているだけでなく、参加者からも「カラフルに仕上がるのが嬉しい」と好評だ。

講師陣のチームワークで参加者は料理に専念!

1 2 3 4次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。