体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

きゃりーが平井堅、CHAIと対バン! アルバム発売&全国ツアー開催を発表

きゃりーぱみゅぱみゅが対バンイベント『日比谷野音95周年・日比谷公園115周年記念 KPP CAMP~もんだいガールとネガティブボーイとNEOたち~』を、6月3日(日)に東京・日比谷野外大音楽堂で開催した。
『KPP CAMP』は、きゃりーが主催する初の対バンイベント。きゃりーとともに出演するのは、平井堅とCHAI。どちらも、きゃりーが共演を熱望し今回の対バンが実現した。
 
きゃりー KPP CAMP 平井堅 CHAI

トップバッターは、NEOかわいいをコンセプトに活躍するガールズバンド、CHAIが登場。お揃いのピンクの衣装の4人は、グルーヴ感溢れる「Sound & Stomach」から会場を揺らす。マナのソフトなボーカル、4人のタイトな演奏で聴かせるCHAI。5月9日に発売された3rdEP『わがまマニア』に収録されている「アイム・ミー」を披露すると、キャッチーなメロディのポップサウンドで観客をのせていく。

MCでは、マナが英語で自己紹介しながらメンバーが同時通訳するという独特なスタイルを見せ観客もすっかり笑顔。そして「コンプレックスはチャームポイント!」と声をあげファンキーな「N.E.O.」を歌唱する。メンバー全員がサングラスをかけての「ぎゃらんぶー」、ドリームポップな「フューチャー」など、楽しいCHAIワールドが全開。MCで、ユナが「今日は初めてのきゃりーちゃんの主催イベントに出れてうれしい!誘ってくれてありがと〜!」とにこやかに語ると、かわいさとメロウ感がマッチした「sayonara complex」を披露しCHAIのライブは終了となった。

続いてのライブは平井堅。大きなドット柄のロングガウンに身を包んだ平井がステージに登場すると、会場はどよめきと大歓声が湧き上がった。アコースティックギターをバックに「ノンフィクション」を歌うと、伸びやかな美声に観客も思わず拍手。MCでは今回の出演オファーが来た際のエピソードを語り「最初に、きゃりーちゃんとCHAIと平井堅というラインナップを聞いて、なんで?と思いました(笑)。きゃりーちゃんにメールで“なんでオレなの?”って聞いたら、“平井さんキュートですもん”って返事が帰って来ました。今日は、CHAIがNEOかわいい、きゃりーちゃんが原宿かわいいということで、僕はきしょかわいいでいきたいと思います」と笑いをとり、観客も大きな拍手を送る。

そして、新曲「トドカナイカラ」と「知らないんでしょ?」を歌い、カラーの違う世界観で観客を魅了。さらに、「僕の中で一番かわいい曲」だという「君の好きなとこ」を歌い、最後はキラキラのポップナンバー「POP STAR」を披露。動物の着ぐるみダンサーとともに、ステージを左右に動いて観客を盛り上げライブを締めくくった。


 
『KPP CAMP』のトリを務めるのは、もちろんきゃりー。「インベーダーインベーダー」から始まり、きゃりーダンサーズとともに会場のテンションを爆発させる。太鼓のリズムが響くと「み」でエキゾチックなお祭り感を演出。MCできゃりーは「楽しい!!」と声を上げ、「ずっと舞台袖で見てたんですけど、CHAIはセンスがすごいし、平井さんはもうとにかく歌がヤバかったです! 負けないように、マジで本気でやります!」と対バンフェスならではのバトルモード全開。付け加えて「ドット柄の衣装で、平井さんと被りました(笑)」と笑顔で語った。

1 2次のページ
HARAJUKU KAWAii!! STYLEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。