体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

読んで眺めて楽しめる!人気グルメ本に“ハワイ離島編”が登場


海外旅行先として人気の高い常夏の島ハワイ。州都ホノルル市があるオアフ島もいいけれど、離島の魅力も堪能してみたいという人におススメのグルメ本が、6月5日(火)に刊行される。地元っ子やリピーターに聞いた最新情報をチェックして、さらに楽しく旅しよう!

誠文堂新光社より刊行の「ハワイ行ったらこれ食べよう! ハワイ島・カウアイ島・マウイ島」1400円(税抜)は、大人気「○○行ったらこれ食べよう!」シリーズのハワイ・離島編。


自然に溢れ、観光客慣れしていない島の住民たちが気持ちよく私達を出迎える…そんなもうひとつのハワイと言われる世界的にも注目度の高い3つの島、“ハワイ島・マウイ島・カウアイ島”の3島から食を厳選した一冊だ。


気になる中身は、地元っ子激押しグルメ・朝ごはん・主食系・伝統のもの・人気もの・あまいもの・冷たいものなどのほか、コラムや英語注文ガイド、指さし注文などを紹介。数多くのメニューが美しい写真とともに掲載されている。


グルメカタログとして読んで眺めて楽しくおいしい気分に、またはセカンドガイドとして離島旅行のレストラン選びの参考に、さらに地元っ子の食文化を知る学びの1冊としても最適な「ハワイ行ったらこれ食べよう! ハワイ島・カウアイ島・マウイ島」で、自然にあふれた“もうひとつのハワイ”をおいしく楽しんでみて。

ストレートプレスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。