体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「介護と仕事は両立させたほうがいい」――「介護うつ」にならないために必要なこと

「介護と仕事は両立させたほうがいい」――「介護うつ」にならないために必要なこと

ある日、突然夫が倒れた――。

高齢者が高齢者の介護をしないといけない「老老介護」が社会問題になっているが、その始まりは突然訪れるものだ。

日本を代表する麻酔科医の一人であり、エッセイストでもある川村隆枝さんが夫・圭一さんの介護をすることになったのは、2013年のことだった。産婦人科医院を営む圭一さんが、脳出血で倒れた。その一報が隆枝さんのもとに届き、その瞬間から2人の人生は大きく変わる。

川村隆枝さんが執筆した『「夫の介護」が教えてくれたこと』(アスコム刊)は、終わりの見えないリハビリと介護、産婦人科医院の行く末、自身の仕事…さまざまな壁を2人で乗り越えていく夫婦のエピソードが詰まった一冊だ。

「今は夫が倒れる前よりも幸せを感じている」とは隆枝さんの言葉。その壮絶な介護生活の先に見えた「夫婦の愛」の形とは? 後編は仕事と介護の両立、「笑顔」と「歩くこと」の重要性についてお話を聞いた。

(聞き手・文:金井元貴)

■「介護と仕事は両立させたほうがいい」 その真意とは?

――夫の圭一さんが介護生活に入っても、隆枝さんは仕事と介護を両立しようとします。その際に、仕事場の人など、周囲に協力を仰いだりはしたんですか?

川村:言って回るということはしなかったですが、自然と助けてくれました。

実は、主人が倒れたあとに、私には2つの仕事の選択肢があって、一つは主人の川村産婦人科医院を継ぐということでした。私はもともと産婦人科医でしたから、それは可能なんです。

もう一つは麻酔科医を続けること。結局こちらを選択しましたが、麻酔科のマンパワーが不足している状況はよく知っていましたし、私が産婦人科医をしていたのはだいぶ前のことでしたから、今いきなり復帰をすることは無責任な決断になるのではないかと思ったんですね。

私の弟も産婦人科医なのですが、相談をしたところ「今戻るのは無謀だから麻酔科医として続ける方がいい」と言われました。だから、勤務する医療センター側も私が麻酔科医として残ってくれたことに恩義を感じているのではないかと思います。

――働き方としては倒れる前と変わらず?

川村:そうですね。麻酔科医としてこなすべき仕事がありますし、介護があるから早く帰るとは一切言いませんでした。普通に仕事をこなしています。また、主人にも「私は仕事をちゃんとするから普通に働きます」と伝えて、理解してもらっています。

主人は「そばにいて欲しい」という気持ちもあるのでしょうけど…でも、経済的な部分もあって、納得したのだと思います。介護はお金がかかりますから。

――本書には「川村流介護の心得」という、介護をする上での心得が書かれたページがありますが、そこには「介護と仕事は両立させたほうがいい」とありますね。

川村:もちろんです。これはぜひ同じ境遇の方々にお伝えしたいのですが、介護ばかりだと社会とのつながりが切れてしまって、感情が負の方向に走っていきます。だから社会とのつながりは持ち続けたほうがいいと思いますね。

もう一つは仕事をしている時間って没頭しますよね。だから少しでも介護のことを忘れる時間を取れてリフレッシュになるんです。

――「介護うつ」が問題になっていますが、そういう状況で精神を蝕まれていく人も多いそうですね。

川村:マタニティーブルーや「産後うつ」も似たところがあると思うのですが、どうしても向き合うものが一つだけしかないと、世界が小さくなってしまうんですよね。だから、介護の時間とは別に完全に自分自身になれる時間をつくることが大切なのかなと。

――なるべく向き合うものを介護だけにしない。

川村:そうです。よく、奥さんの介護のためにご主人が仕事をやめて家で介護をする道を選ぶという話を聞きますが、経済的にもメンタルとしても不安ばかりになるんですよ。逃げ道がなくなってしまう。

この本で読者の皆さんに伝えたかったのは、認知症は別として、介護のほとんどは一生続くんです。私の主人は、頭はしっかりしているけど左の手足が動きません。だから今までのように仕事ができないし、動くことはできない。けれども、人間の尊厳を保ってあげないと心を痛めてしまうんです。

私たち医者は、治してあげられるところは治します。でも心の痛みまでは取り除くことができません。だから、なるべく身近にいる人が同情するのではなく、普通に接することが相手の尊厳を守るためにとても大事なことなのだと思います。

1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。