体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

楽しくも寂しいファンタジックな世界 黒田恵枝 個展 “FANTASTIC GRAVE”

no14-2 no.126

黒田恵枝の個展 “FANTASTIC GRAVE” がTHE blank GALLERYにて開催される。

黒田恵枝は、使用されなくなった衣類を素材に、動物や人体のパーツなどを創作し、それらを繋ぎ合わせる事で空想の生き物を創り出す。役割を終えた後、本来なら廃棄される衣類には、黒田の手によって新たな「表情」や「形」が与えられる。彼らは、どこか哀愁漂う姿で佇み、愛くるしくも時に影のある表情を潜ませている。その姿は、個々の「存在」や「成り立ち」、互いへの「関係性」など、不確かな自身の所在に対し常に答えを求め続ける私たちの分身のようでもある。

作家にとってTHE blank GALLERYでは初の個展となる本展では、小立体のシリーズ「もけもけ」をはじめ、新作と旧作約40点を織り交ぜたインスタレーションを展示。キュートでダーク、楽しくも寂しいファンタジックな世界をぜひ。

 bone2

FANTASTIC GRAVE Yoshie Kuroda

”私にとって制作することは、「生きているものとそうでないものの間を行ったり来たりする、生きている限りつづく人形遊び」のようなものです。

使われなくなった衣類は、身につける人と日常を共にし、 身につける人と共にあらゆる出来事や思い出を経験し蓄積しています。それらはとても人の存在を強く宿しています。それら役目を終えたものが素材に還り、ある種のおまじないのようなひと針ひと針によって、再び生まれ変わっていく過程に関心があります。本来、縫い目には呪力が宿るとされたように、縫うという行為によって日々を生きる中での感覚をかたちにすること。それは私たち自身の存在を探ることでもあるのです。

今回の個展のタイトルにある「GRAVE」とは、命あるものの終着点であると同時にそれは新たな何かへのはじまりを意味します。そしてその何かはとても楽しいことであるかもしれないし、とても残酷なことであるかもしれない、それは誰にもわからないことです。しかしどこか歪で、不気味で可愛らしい生まれ変わり達は、いつも私達と一緒に存在しています。”

会期:2018年6月5日(火)-20日(水) 

平日 13:00-19:00 (木曜 休廊)

土日 12:00-19:00

THE blank GALLERY 東京都渋谷区神宮前3-21-6 大崎ビル3F

http://www.the-blank-gallery.com/

黒田恵枝 Yoshie Kuroda

HP: http://kurodayoshiemokemo.wixsite.com/artwork

NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。