体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

トップスピードは時速96キロ! ビンテージ風の電気バイク「ONYX」

電気で走るという先端テクノロジーを搭載しながら、デザインはビンテージ風という電気バイクがクラウドファンディングサイトIndiegogoに登場した。

米国カルフォルニア拠点のスタートアップが開発した「ONYX」。二酸化炭素を排出することなくクリーンに走りつつ、周囲の目も引きそうだ。

・ビンテージ風デザイン

70年代、80年代を意識してデザインされているだけあって、ONYXはかなりクラシックなデザインとなっている。

ラフな道も走行できる「RCR」と、街乗りにうってつけの「CTY」の2つのモデルが用意され、どちらも細めの躯体にバッテリーが目立つ他は、余計なものは何もない。

・低価格が武器

性能面では、RCRの航続距離は約120キロで、最高スピードは時速96キロ。インスタントトルクは72ボルトあり、ちょっとしたツーリングに良さそう。

一方のCTYはより控えめで、航続距離64キロ、最高スピードは時速48キロ。インスタントトルクは48ボルトと、街中で乗るには十分だろう。

何よりONYXの武器は価格だ。電気タイプながら、今なら2299ドル(約25万円)〜となっている。額面だけみれば決して小さくはないが、ガソリンタイプの価格やガソリン代などを考えると、コスパ的には良さそうだ。

ONYXはすでにIndiegogoで調達目標額を達成。あと1カ月ほど出資を受け付けたのちに生産に入り、9月にも発送が始まる見込み。デザインにこだわった電気バイクが欲しい人は要チェックだ。

ONYX/Indiegogo

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。