体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「転職せず、他の会社を経験したい」7割は自社、3割は他社で勤務する他社留学『ナナサン』がもたらす相乗効果|エッセンス株式会社

「転職せず、他の会社を経験したい」7割は自社、3割は他社で勤務する他社留学『ナナサン』がもたらす相乗効果|エッセンス株式会社

「今の会社に不満はないけれど、他の会社も経験してみたい。でも、転職には簡単に踏み切れない…」。

そんなことを考えたことがある人は多いのではないでしょうか。

こうした声をヒントに生まれたのが、エッセンス株式会社が運営する『ナナサン』です。

『ナナサン』とは、「他社留学」の研修サービス。

勤務時間のうち7割は自社で働き、3割は他社に出社して勤務するというものです。※週5日・8時間勤務なら、週1回ペースで他社に勤務

なぜこのサービスが生まれたのか、どんな企業や人が利用し、どんな効果が生まれているのか、代表取締役の米田瑛紀さんにお聞きしました。

「今の環境を飛び出してチャレンジしたい」の声にこたえる

もともとはプロ人材のシェアリングサービスや人材紹介業を手がけてきました。

人材紹介サービスでは転職を希望する方々にお会いするのですが、30歳前後で高学歴、新卒で大手企業に入社した方々にキャリアカウンセリングを行っていると、「ベンチャーで挑戦してみたい」「大手の看板を外して、自分の力を試してみたい」「希望の部署に行けないから、その仕事ができる他社に行きたい」といった声をよくお聞きするのです。

しかし、こちらから見ると、今の会社でまだまだやれることがあるのではないか、今辞めるのはもったいないのではないか、と思うこともある。であれば、「社外で自分の力を試す」というチャレンジを、退職せずに体験させてあげることができれば、と考えたんです。

それに、ビジネス環境が大きく変化している昨今は、歴史ある大手企業であっても変革をしていかなくてなりません。ところが、大手企業が行っている階層別研修や幹部研修といったものは「インプット型」がほとんど。けれど、今の時代に本当に重要なのは「変化への対応力」なんです。だから、これからの能力開発・人材開発には「違う環境に飛び込んでも、価値を発揮できるか」にフォーカスすることが重要だと思います。つまり、企業側にとっても、社員に「異なる環境」を経験させることは価値があると考えています。

そこで思いついたのが、「他社留学」のサービスです。当社はプロ人材のシェアリングサービス事業を通じて、「非常勤でプロ人材を一定期間活用し、課題を解決する」というプロジェクトを約600件手がけてきました。このノウハウを利用すれば、フルタイム型の出向ではなく、「7割現職・3割他社」という働き方をサポートできると考えたのです。

「副業解禁」へのトライアルとして利用する企業も

「他社留学」のサービスを立ち上げて間もないころは、企業には受け入れられませんでした。

「転職を促進させてしまうのではないか」「守秘義務の問題はどうするのか」「週1日相当、自社の仕事ができないとなると人件費がもったいない」といった理由です。

そうした中で、東京電力の人事部門の幹部の方が「ぜひやりたい」と。老舗大手が乗り出したことで、追随する企業が増え始め、日経新聞にも取り上げられ、「日本HRチャレンジ大賞」(人材領域で優れた新しい取り組みを行っている企業を表彰する制度)も受賞しました。また、経済産業省による人材力強化を図る委員会の委員にも選出いただき、「検討する価値あるコンセプト」として、研究会報告書に「他社留学」が掲載されました。こうして注目されるようになり、サービスリリースから1年で約30社の大手企業に参画いただけています。他社留学の経験者はすでに50人を超えました。

もう一つ、利用促進の追い風となったのは「副業解禁」の波です。近年、社員に幅広いビジネス経験を積むチャンスを提供するために「副業」を認める企業が増えています。しかし、いきなり副業を解禁し、制度を運用していくのはハードルが高いし、どう作用するのか不安もある。そこで、『ナナサン』を副業解禁のトライアルと位置付けて利用されている企業もあります。

最近では、若手だけでなく、50歳前後のミドルシニア層社員を留学に送り出す企業も増えてきました。役職定年層を活性化させ、カンフル剤としたいとの考えです。

受け入れ側は、コストゼロで自社にないノウハウを取り入れられる

1 2次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。