体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

クリエイターが集う秘密基地系シェアハウス「渋家」に住む方法は?現住人に取材してみた

若きクリエイターが集う秘密基地系シェアハウス

DJ、ダンサー、写真家、美術家。さまざまなクリエイターが暮らすシェアハウス・渋家(しぶはうす)。

どうすればそんな刺激的な住まいに出合えるのだろうか。数年前、ここ渋家に引っ越してきたケントさんに、この部屋を見つけたきっかけと入居までの経緯を聞いてみた。渋家のリビングで楽しそうに話をする若者たち

渋家のリビング。異なる業界に生きる者同士、いつまでも話は尽きないプロフィール

名前:KENT(ケント)さん
性別:男性 
年齢:20歳
職業:クリエイティブディレクタールームデータ

所在地:東京都渋谷区
家賃:40,000円
間取り:4LDK
築年数:約8年渋家の間取図。地下1階が防音室、1階はPC ROOM、2階がリビング、3階が寝室とクロークになっている

渋家の間取り図。地上3階まであり、地下1階には防音室まであるルールがないのがルール!?刺激あふれるシェアハウス

「渋家(しぶはうす)」のコンセプトをわかりやすく言うと「クリエイターやアーティストが集う場所」。アーティストの齋藤恵汰氏が“現代アートの作品”として2008年に創設した。ここで行われる人々の活動全てが“アート作品”というわけだが、渋家で暮らす人々は、自分たちが作品の一部だという意識はない。地下1階にある防音室の様子

地下1階にある防音室では、月に2回ほど渋家の住人がDJを回しパーティーを行っている。ここで新しい出会い、アイディアが生まれる

現在渋家のメンバーは住んでいるのが15名、週3〜4日来ているメンバーが20名で計35名、そのうち女性は10名いる。20代前半が中心で、定員はなく、みんなクリエイティブ系やアート系だが職種はバラバラ。入居者募集情報を知ったきっかけはSNSだった

ここで暮らすケントさんは好きなアーティストの情報をSNSでこまめにチェックしているうちに、渋家に行けば彼に会えると知った。それが高校3年生の時。

「こまめにチェックを続けていたら、ある日渋家が入居者募集していることを見つけました。彼と一緒に仕事をしてみたいなと思っていたので、うれしかったですね」(ケントさん)

その後卒業と同時に渋家に住むようになり、イベントの企画運営に必要なスキルをここで身に付け、イベントのプランナー・ディレクターとして活躍している。住むだけではなく、互いの人生を刺激しあえる空間

ここで暮らす住人は個性豊か。趣味でカメラを楽しんでいたナオキさんは、ここで刺激を受けて、写真家として生きていく決意をした。一方IT企業で働いているミネさんは、単に寝泊まりできる場所として知人に渋家を紹介してもらったのだが、気がつけばメディアアートを作っている。

「みんな、ここはシェアハウスではなく楽しい場所で“しかも住むこともできる”という感覚です」(ナオキさん)玄関を開けてすぐにあるPCルームで意見を交わし合う住人たち

玄関を開けてすぐにあるPCルームには、夜遅い時間まで作業をしたり、楽しそうに話をしたり、意見を言い合う住人がいた。眠らない渋家ではクリエイティブが止まらない

渋家に集う理由は人それぞれだが、ここから得られる刺激や情報に魅力を感じている点は他のコンセプトシェアハウスと同じだ。

「個人的な夢としては、各自がそれぞれさまざまな分野を極め、外部から『渋家に頼めば何でもできそうじゃね?』という、一種の“村”のようになりたいですね」とケントさんは語ってくれた。寝床の確保は早い者勝ち!独特なルールも「渋家」の魅力

1 2次のページ
CHINTAI情報局の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。