体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ママタレ上位は盤石!小倉優子が監修するOisixの食育キットが大好評!

今、ママたちから“頑張りすぎなくても食育ができる”と注目されているミールキットがあります。それは、野菜宅配サービスのOisixが開発した「親子でつくるKit Oisix」シリーズ。タレントの小倉優子さんが開発監修しています。

その新メニューのお披露目発表会が、先日都内で開催され、小倉さんが「Oisixママサポーター」に就任。初仕事として新商品のプレゼンテーションと、親子で参加する料理教室を開催し、講師として料理づくりのコツを伝授するなど、文字通りママたちを“サポート”しました。

小倉さんの妥協をしないメニューに感心

「親子でつくるKit Oisix」は、料理を通して親子のコミュニケーションを図り、食育につながるミールキットとして、小倉優子さんが味や作り方の工程に至るまでアイディアを練り開発したものです。

Oisixでは小倉さんが昨年監修した「Kit Oisix」3商品の好評を受け、小倉さんに、さらなるサービスの共同開発やメニュー改良などに取り組んでもらいたいとし、新たに「Oisixママサポーター」としての任命書と専用エプロン、名刺が手渡されました。

作を繰り返すという小倉さん。その徹底的なママ目線と、商品づくりに妥協しない姿は社内でも評判で、オイシックスドット大地株式会社(※)の高島宏平社長は「ゆうこりんさんは、“まあまあ”売れていると、良い感想だけではなく悪い感想も聞かせてほしいと、なぜ“まあまあ”なのか分析し、まるで社員のように熱心に取り組んでくださる」と高く評価しています。

現在、2児の母親である小倉さんは、もともとOisixユーザーで、「手作りのものを子供たちに食べてほしいと思うときに、ほんとうに便利で有り難い。開発に関わった以上は、皆さまに喜んでもらいたい」と、本格的にメニュー開発に携われる喜びを語りました。

頑張りすぎなくても親子で楽しめる食育メニューを

「Kit Oisix」のミールキットは、Oisix独自の基準により厳選された有機・特別栽培野菜や肉・魚など使用し、必要な分だけの適量をユーザーに配達。主菜・副菜の2品が20分以内で作れ、5種類以上の野菜がたっぷり摂れるメニューを主に開発しています。

今回、開発された「手作りバターでチキンカレー」は“小倉優子流の声掛けポイント”や食育をテーマにしたクイズカードがついており、親子のコミュニケーションが取りやすいような工夫が満載。小倉優子監修の料理教室では、参加した親子さんと一緒に「手作りバターでチキンカレー」のコツなどを伝授しました。 手作りバターは生クリームと塩を専用容器に入れて5分ほどシェイクするだけ。ふっていると…液体だった生クリームが“ふわふわ”のバターになります!手作りバターを利用したチキンカレーは調理も手早く簡単。親子での初めてのクッキングにも最適です。カレー作りに挑戦していた女の子は「ゆうこりんに会えるって知らなかったの!ちょっとびっくりした」と話し、お料理は好き?と聞くと「大好き!」と答えてくれました。
1 2次のページ
マガジンサミットの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。