体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「トップガン2」に各軍も注目 Twitter上で小競り合い

「トップガン2」に各軍も注目 Twitter上で小競り合い

 トム・クルーズさん主演の名作映画「トップガン」。日本にアメリカ海軍のエリートパイロット養成機関であるファイター・ウエポンズ・スクール(戦闘機兵器学校)の存在を知らしめ、同時にファッション面でフライトジャケットのブームを起こした作品です。この続編「トップガン2」の撮影が始まったことをトム・クルーズさんがTwitterでほのめかすと、戦闘機を運用する軍の公式アカウントが次々と反応し、途中から「誰がベストなのか」という、まるでミリタリーファンの間で交わされるような展開になりました。

【さらに詳しい元の記事はこちら】

 きっかけは、トム・クルーズさんが2018年5月31日にツイートした「#Day1」というハッシュタグのみの文と、パイロットスーツ姿(右肩にトップガン卒業生を示すパッチが付いていることにも注目)のマーベリックがF/A-18Fの方を振り返っている「FEEL THE NEED.(何を欲しているか、肌で感じろ)」という写真の投稿。

#Day1 pic.twitter.com/7jjPL277Es

— Tom Cruise (@TomCruise) May 31, 2018

 これに多くのファンが「トップガン2」の撮影が始まった!と色めき立ちました。反応したのは一般のファンだけでなく、軍の公式アカウントも。アメリカ空軍の公式アカウントが引用リツートでまず反応。

 「もしマーベリックが本当にスピードが欲しいのなら、我々のF-15Eストライクイーグルに飛び乗ることができるよ。知ってるかい?(F-15Eは)時速1875マイル(3000km)のトップスピードがあるんだ」

If Maverick really had a need for speed, he could hop into one of our F-15E Strike Eagles! #DYK: They have a top speed of 1,875 miles per hour. https://t.co/RQtJoWfGJo

— U.S. Air Force (@usairforce) May 31, 2018

 最新のF-22やF-35ではなく、F-15Eにしたのは、最高速度がF-22より若干速いとともに、F-14やF/A-18Fと同じく複座(パイロットと兵装士官の2人乗り)であることを意識したものでしょう。

 これにカチンときたのがアメリカ海軍。空軍の「スピードが欲しいのなら」と、「トップガン」での「(もっと)スピードが欲しい」というセリフを意識したものだったので、こちらも「トップガン」のセリフを引用して空軍に反論。

 「忘れるなよ坊や、2番目にはポイントなんてつかないんだぜ」

.@usairforce Remember, boys, no points for second place. @flynavy

— U.S. Navy (@USNavy) May 31, 2018

 ここから軍同士の誇りをかけた(?)言い争いに発展。空軍が

 「F-15はお前さんの言うような『2番目』なんかじゃないぜ。スコアボードを見てみろよ!# undefeated(難攻不落)」

The F-15 knows nothing about this “second place” thing you speak of. Check the scoreboard! #Undefeated https://t.co/tOj6GZ9Ei4

— U.S. Air Force (@usairforce) May 31, 2018

 と、F-15が空中戦において撃墜されたのがただ1度(1995年11月22日、航空自衛隊第303飛行隊での訓練中、僚機のミサイル誤射によるもの)だけだということを引用して反論すると、今度はアメリカ海兵隊が「伝家の宝刀」で横槍を入れます。

 「空軍さんは空母から発着艦できたっけ?」(現在は削除済み)

 空軍パイロットと海軍・海兵隊パイロットが言い争いになるときに、必ず持ち出されるフレーズがこれ。空母の限られたスペースで発着できる技術と度胸を、海軍と海兵隊のパイロットは誇りにしている訳です。

 これに対し空軍の反撃は
「タンカーが空にいるのに、何でまた海に降りなきゃいけないんだい?」

Who needs to land on the ocean when you have tankers in the sky! pic.twitter.com/nuMyNH8L2a

— U.S. Air Force (@usairforce) June 1, 2018

 と、KC-10から空中給油を受けるF-15とF-16の写真をつけてツイート。しかし、空中給油に関しては空母艦載機も行えるので、これはパイロットの「腕」についてあげつらった海兵隊に対して、空軍が論点ずらしを行なったとも取れそうです。

 そんな中、6月1日になってフランス海軍の戦闘機部隊「Chasse Embarquée」公式アカウントが参戦。

 「フランス海軍のパイロットは準備万端だよ!」

French Navy Pilot ready ! @USNavy @flynavy @TomCruise @Skydance #FrenchNavy #ChasseEmbarquée #Rafale Marine #avgeek #TopGun2 pic.twitter.com/vWJ5FUmiVT

— Chasse Embarquée (@ChasseEmbarquee) June 1, 2018

 と、トム・クルーズさんの写真をネタにして、フランス海軍の戦闘機パイロットがラファールM(ラファールの空母運用型)を振り返って「THE NEED…(欲するものは)」という写真をつけてツイート。アメリカだけの話ではなくなりました。

 カナダ空軍のCF-18デモチーム公式アカウントも6月2日に、「トップガン」のセリフを引用してリツート。

 「スピードが欲しい!!(…the need for speed!!)」

…the need for speed!! https://t.co/SlDNtxP2Mj

— CF-18 Demo Team (@CF18Demo) June 2, 2018

 カナダは「何が最強か」というところからは一線を引いた立場のようです。

 このような「最強の戦闘機は」などという論争は、ミリタリーファンや航空ファンの間で時折交わされる定番のネタで、各自が好みの戦闘機を推しまくる……という展開になります。各軍の公式アカウントととしては、それぞれの「誇り」もあるので、おふざけも挟みつつ真剣勝負ですね。日本の公的なアカウントが「公務員だから」「お役所だから」と真面目な運用になってしまい、ちょっと弾けたことをすると抗議の声が寄せられて自粛する……という状況に比べると、このような自由度の高いツイッターアカウントの運用が許されるのは羨ましい限り。

 さて最後に、人類で初めて水平飛行で音速を突破した人物として知られる、第二次世界大戦のエースパイロットで、テストパイロットとして数多くの戦闘機に乗ってきたチャック・イェーガー氏が、かつて自身のTwitterに寄せられた「あなたの乗った中で、最高の戦闘機はどれですか?」という質問に答えたツイートをご紹介して、この項を締めたいと思います。イェーガー氏はただ一言。


 「任務内容による(Depend on the mission)」

 それぞれの機体には適した任務、そしてウイークポイントがあるので、一概に「これが一番」とは決められないということでした。「最強」というものは、実はとてもあいまいな概念なんですね。

Image: U.S. Navy、USAF

(咲村珠樹)

関連記事リンク(外部サイト)

アメリカ軍、ついにピザをミリメシに加える
【レッドブル・エアレース】「パイロン」はこんなに風になっている
【レッドブル・エアレース】マット・ホール2連勝・2位はグーリアン

おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。