体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

野菜たっぷり彩り鮮やか! 「冷麺ダイニングつるしこ」のベジタブルトマトバジル冷麺

野菜たっぷり彩り鮮やか! 「冷麺ダイニングつるしこ」のベジタブルトマトバジル冷麺
J-WAVEで放送中の『GOLD RUSH』(ナビゲーター:渡部 建)のワンコーナー「HUNGRY OUT」。6月1日(金)のオンエアでは、渋谷でおいしい冷麺を楽しめる「冷麺ダイニングつるしこ」を紹介しました。

■「盛岡冷麺」を「東京冷麺」に変換

運営元の株式会社元気ラボの代表取締役・調子吉之さんは、15年ほど前から「盛岡冷麺」を作っており、“東京冷麺プロデューサー”という肩書きも持っています。「盛岡冷麺をルーツに、東京の食文化を融合させたら何ができるか」という思いで、東京発祥の冷麺を作ることにしたそうです。

渡部:「盛岡冷麺」を「東京冷麺」に変換するために、どういうことをしましたか?
調子:麺はいろいろなものに応用が効きます。ウチは麺の卸しもやってるんですけど、フレンチの店から麺だけのオーダーがくるんです。
渡部:いろいろなものに合うので、そこで進化させたという感じなんですね。

今回は、一番人気の「ベジタブルトマトバジル冷麺」をいただきました。

渡部:カラフルですね。彩りのいい野菜がたくさんのっています。
調子:イタリアン風に仕上げました。トマトソースの下に、レンコン、ズッキーニ、ブラックオリーブ、トマト。ソースも自社でドライトマトから全て作って加工しています。

ベースのスープは、野菜と豆乳をミックスしたもので、 化学調味料は使用していません。トマトペーストのソースを溶かしながら食べると、いろいろな変化が生まれます。しかもスパイシー! 渡部は「おいしい! 清涼感がありますね! 店名通り、麺が本当につるしこです」と感激していました。

渡部:ここにたどり着くまでに、何年ぐらいかかったんですか?
調子:30年かかりました。

■冷麺へのこだわり

水にもこだわりがあり、岩手県岩泉町にある、水のきれいな龍泉洞の水を使っています。

渡部:他にはどんな冷麺があるんですか?
調子:「ベジタブルアボカド冷麺」「ベジタブルカレー冷麺」や、納豆を入れて食べると一層おいしくなる「ベジタブル特濃豆乳冷麺」などがあります。

冷麺の他に温麺もあり、調子さんは「東京で店を展開するにあたり、温麺は必要だろう」と思ったそうです。

渡部:温麺も合いますか?
調子:合います。冷麺と違ってモチッとしていて、よりふくよかです。
渡部:いいですね〜!

基本である盛岡冷麺もきっちりと作ろうという思いから、お店では盛岡冷麺も用意しています。お店は、渋谷駅から明治通りを恵比寿方面に8分ほど歩いたところにあります。ぜひ足を運んでみてください。

【この記事の放送回をradikoで聴く】
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『GOLD RUSH』
放送日時:金曜 16時30分ー20時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/goldrush/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。