体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

古民家を「服と暮らす」をテーマにセルフリノベーション!デザイナーならではの部屋作り

プロダクトデザイナーが手掛けた本気のDIY

古い建物本来の味を活かして暮らすのもいいが、大胆なリノベーションを施して自分だけの空間を作ることができるのも、築年数の古い民家ならではの楽しみ方だ。

プロダクトデザイナー・山田哲也さんが暮らすのは、東京都江戸川区にある築50年の個性的な古民家。セルフリノベーションでさらに自分流の住まいに仕上げた。プロフィール

名前:山田哲也さん
職業:インテリア雑貨ブランド「clokee」デザイナー
ブランドURL:https://www.clokee.tokyo/
インスタグラムアカウント:@tetsuyamadiy
居住形態:1人ルームデータ

所在地:東京都江戸川区
家賃:7.8万円
間取り:1LDK(43㎡)
築年数:50年
建物:木造戸建山田さんがリノベーションした部屋。白い壁と、温かみあふれる風合いの床と天井がマッチする落ち着いた空間

フリーレントを利用し、DIYで天井や壁のない開放的な空間を作り上げた山田さん自らの手で大規模なリノベーションを敢行

土間のある玄関に置いてあったのは、デザイン系の大学に通っていた時代に制作したというドクロを逆さにした形の椅子。入口からしてインパクトが凄い。浴室やトイレ、洗濯機置き場などの水まわりが集中した一階から急な階段を上って二階に行くと、そこにはアトリエのような開放感抜群の空間が広がっていた。寝室とひとつながりとなったLDK。一階よりもずっと広く感じられるのは、全ての壁と天井板を取り去っているから。そして、部屋全体を白く塗っているからだ。

「天井はもともと板が張ってあったのですが、圧迫感があったので思い切って取り外しました。最初は天井裏も壁と同じ白に塗ってしまおうかと考えていたのですが、板を外してみると思っていたより状態が良かったので、そのままの質感を残すことに。寝室を隔てていた壁も取り去りました。大家さんが改装やDIYに理解のある人だったのは幸いです」(山田さん)土間のある玄関にはドクロの彫刻が置いてある。天井には狐の毛皮がかけられており、個性的な演出

土間のある玄関にはドクロの彫刻だけでなく、狐の毛皮も。個性的な演出だ

太くて頑丈な梁がそのまま見えるワイルドな風景は、まるでログハウスかバックヤード・ガレージのよう。白い壁と、重厚な木目のコントラストが効いている。頑丈な梁の姿がそのまま見える屋根。ライトレールには照明が取り付けられていて、下方だけでなく上方も照らす

頑丈な梁の姿がそのまま見える屋根。ライトレールの照明には照明が取り付けられていて、下方だけでなく上方も照らす

リノベーション前の写真を見せてもらうと純和室で、現在と同じ部屋とはとても思えない。リノベーション前の山田さん宅の様子

リノベーション前の山田さん宅。同じ部屋だといわれてもにわかには信じがたい

壁の塗装などは友人達の手を借りながら、入居前1か月のフリーレント期間に作業したという。学生時代、内装工事のアルバイト経験がある山田さんだが、それでも丸々1ヶ月かかるほど大変な作業だったそうだ。

山田さんが手掛けた大胆なリノベーションの中でも、特に印象的なのがキッチン。小部屋のような空間の壁面全体に、白いタイルが貼られている。一寸の狂いもない丁寧な仕事はプロ顔負け。業者向けの製品を購入し、自分でタイルを一枚ずつカットしたというのだから恐れ入る。山田さん宅のキッチン。キッチンの形を3D図面化して配置したというタイルが見事
1 2次のページ
CHINTAI情報局の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。