体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

子育ては忙しいけれど「子どもたちの衣類のお洗濯」はこだわってやっています!

f:id:akasuguope01:20180319175037j:plain

家族が増えると洗濯物って思っている以上に増えますよね。

我が家は4人家族ですが、1人目の子が産まれてからは大人と子どもの洗濯物は別にして洗濯することが当たり前になっています。

長女の場合、着せる前の肌着の水通しから1歳過ぎくらいまでは、大人の洗濯物とは違った洗剤を使って別々に洗っていました。

そこから次第に娘の服と私(母)の服は一緒に洗濯をして、お仕事帰りで汚れが激しい主人の洗濯物だけを別に洗うスタイルに変化していきました。

ですが、2人目が産まれ4人家族となると、思っている以上に洗濯物が増え、

「今日1日で何回洗濯機回したんだろう……」

「洗濯ハンガー足りないから全部干せないかも……」と、何度も心が折れそうになっていきました。

2人育児でなかなか時間が取れないこともありますが、なんとか赤ちゃんの洗濯物、娘と私、主人の洗濯物を全て分けて洗うスタイルは変えずに頑張っています。 ベビー服の洗濯は大人の服と一緒でも大丈夫? 赤ちゃん用洗剤と洗濯ネットを活用

使用する洗剤は赤ちゃん用の無添加の石鹸ベースのもの。

しっかり汚れを落としてくれるのはもちろん、ミルクやよだれによる匂いもスッキリと取り除けます。

タオルや肌着がゴワゴワせずに柔らかいまま仕上がる洗剤を見つけるまでにいろいろと試しました。

また、できるだけ洗濯機を回す回数を減らしたかったので、洗濯機に入れる前に手洗いで軽く予洗いをしてから洗濯するようにしています。 とにかく神経質だった赤ちゃんの服の洗濯。どこまで神経質にやるのが正解なの!?

子どもが産まれると家事、育児と大忙しです。

ただ、何気ない洗濯を1つ取ってみても子どものことを思うと、気持ちを入れて取り組むことができます。

これからも子どものために洗濯にも気を配っていきたいです。

f:id:akasuguope01:20180319175117j:plain著者:haru#hima

年齢:35歳

子どもの年齢:6歳、1歳

神奈川県在住、2人の子供と楽しく忙しい毎日を送っている35歳ママです。二人育児の大変さを実感しつつも、姉弟でじゃれあっている姿を見て微笑ましく思っております。子供たちの笑顔が大好きなマイペース母ちゃんです。最近では、家事・育児をこなしながらお仕事も頑張りたいと思い、生活のバランスについて真剣に考えています。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。


関連記事リンク(外部サイト)

産休育休を有意義に使いたい。子育てしながら資格取得でスキルアップ!
水分や栄養を体が欲する授乳期。救世主的おやつはコーンフレーク!
仕事が休みの日が一番疲れる!平日より多忙な年子育児の週末

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。