体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

高橋優、「レコーディングして良かったな」と思う瞬間は?

高橋優、「レコーディングして良かったな」と思う瞬間は?
J-WAVEで放送中の番組『GOOD NEIGHBORS』(ナビゲーター:クリス智子)。5月31日(木)のオンエアでは、シングル『プライド』がリリースされたばかりの高橋 優さんが登場し、音楽について語りました。

■シングル『プライド』に収録された4曲

『プライド』には4曲収録されており、4曲目の『メガネツインズのテーマ』は、「メガネツインズ」という高橋さんと亀田誠治さんのユニット曲です。他3曲は、『プライド』『僕の幸せ』『昨日の涙と、今日のハミング(アコースティックバージョン)』が収録されており、「今、一番届けたい3曲」と高橋さん。収録曲について、以下のように語ります。

高橋:『僕の幸せ』は、しっかり自信を持ってるわけじゃないんだけど幸せについて考えている人間がいて、「その人たちが見る明日ってどんなのだろう?」みたいな。

続けて、3曲目『昨日の涙と、今日のハミング(アコースティックバージョン)』は……。

高橋:2019年で「平成」が終わって、新しい元号に変わるじゃないですか。「平成ってどういう時代だったんだろう」って、今までを振り返る。そして、今をまた見つめていくっていう意味で、シングルの締めっていうか、一番大きなテーマを歌ってるんじゃないかなって思います。

最後の『メガネツインズのテーマ』は、ここまでの3曲とは全くの別物で、「メガネツインズ」の番組があったとしたら、オープニングテーマで流れてきそうな曲をイメージして書いたと高橋さんが解説しました。

■リスナーからの感想が高橋優の活力

放送では、リスナーから届いた『プライド』への感想を紹介。それを聞いた高橋さんは、以下のようにコメントしました。

高橋:この瞬間に「レコーディングして良かったな」と一番思いますね。音楽やってる人たちの中には「歌うだけでいい」とか、ひとりで部屋の中で完結する人もいるじゃないですか。僕は、音楽は聴いてくれている人とのやり取りだと思っています。なので、僕の曲を受け取った人が「高橋、そうじゃねえだろ!」って言ったり「高橋の言うとおりだ!」とか、聴いてくれてる人からの言葉をもらって、僕もまた別のものが出てきたりします。会話のような感じで、歌を聴いてくれている人とずっとこの時代を歩いていけたらいいなという思いがあるので。今の感想を聞いて、また前に進めるような気がしてきました。

みなさんも、高橋さんの曲を聴いて感想を送ってみてください。

【この記事の放送回をradikoで聴く】
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『GOOD NEIGHBORS』
放送日時:月・火・水・木曜 13時−16時30分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/neighbors/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。