体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「ミラーリング」で写真・動画をテレビに映そう! スマホを大画面で表示する方法

スマホで撮影した家族や友人との写真や動画。できればスマホの画面だけでなく、リビングにあるテレビの大きな画面で、みんなでワイワイ見ることができれば、より盛り上がること請け合いだ。おじいちゃんやおばあちゃんがいればなおさらのこと、大画面で見られるメリットは大きい。

そこで今回は、スマホの画面をテレビに映し出す方法、「ミラーリング」を紹介していく。

「ミラーリング」とは?

「ミラーリング」とは、Aという機器の表示画面を、そのままBという機器の画面に映し出すこと。今回の場合、スマホの画面をそのままテレビに「ミラーリング」するということになる。

家族や友人が集まったときに写真や動画を大きなテレビ画面で見られれば盛り上がるし、スマホのゲームをテレビ画面でプレイできるなど、“使える”機能として利用している人もいるだろう。

少し前のスマホは、別売りの変換ケーブルを使うことでテレビにスマホ画面をミラーリングできたが、現在ではWi-Fiでの接続が主流になっている。

スマホとテレビの無線接続に必要な機器は?

無線接続に利用できる機器は色々あるが、今回はiPhoneに「Apple TV」を、Androidに「Chromecast(クロームキャスト)」を使用したポピュラーな方法でレビューする。いずれも、テレビに機器を接続しておけばすぐにミラーリングが可能であり、ミラーリングだけでなくさまざまなコンテンツも楽しめる。

Apple TV
Apple TV

Chromecast
Chromecast

Apple TVを使ってiPhoneの画面をテレビに映す

まずはApple TVをテレビに接続して、iPhoneをミラーリングしてみる。

Apple TV

Apple TVは、テレビを使って動画などのさまざまなインターネットコンテンツを楽しむことができるデバイスだ。Apple TVには専用のリモコンが付属されており、iPhoneを持っていなくても単体で使用できるのがうれしい。

このApple TVにiPhoneやiPadなどのiOS搭載デバイスをWi-Fi接続(Wi-Fiルーターが必要)すれば、Apple TVを使って簡単にスマホ画面をミラーリングすることができるのだ。

【Apple TVでミラーリングする場合の手順】

①Apple TVとテレビをHDMIケーブルで繋ぎ、Apple TVを設定

本体とテレビをHDMIケーブルで繋ぐ

②Apple TVとiPhoneをWi-Fi接続

Apple TVとiPhoneをWi-Fi接続

③iPhoneのコントロールセンターを表示
iPhone 8以前のiPhoneやiPadの場合は画面下から上に向かってスワイプ、
iPhone Xの場合は画面右上から下に向かってスワイプ

iPhoneのコントロールセンターを表示
1 2 3次のページ
TIME & SPACEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。