体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

米国のAmazonパントリー、1カ月5ドルで何回でも配達!

食材や日用品などの買い物にいく時間が確保できない、買い物が面倒、という人の強い味方が、ネットショッピングだ。中でも、Amazonが展開するPrime会員向けのパントリーは、日常の暮らしに必要なものをまとめて届けてくれる。

そのAmazonパントリー、1カ月5ドル(約550円)で何回でも無料で配達するサービスが米国で導入された。使うほどにお得になる仕組みで、Prime会員のメリットをアピールする材料となりそうだ。

・利用するほどにお得に

Amazonパントリーは加工品や調味料といった食品や飲料、トイレットペーパーや洗剤といった日用品などをダンボールにまとめて届けるサービス。

米国ではこれまで、重量45ポンド(約20キロ)までのものを6ドル(約660円)で配達していた。

この送料を月額制にして何回でも利用できるようにしたのが今回の取り組みだ。これには1回の買い物額が40ドル(約4400円)以上というしばりがあるが(40ドル以下だとプラス2ドル払う必要がある)、40ドル以上の買い物を月に数回はするという人なら断然お得になる。

・価格的にも遜色なし

Amazonパントリーのメリットは何と言っても、重いもの、かさばるものを自宅まで届けてくれること。仕事で疲れ、その帰りに買い物するのは億劫だし、重い洗剤などを持つのもいや、という人にはうってつけのサービス。しかも、価格的にもスーパーや他のネットショップと競争力をもつ。

Amazonはプライム会員向けのサービスを拡充させていて、今回の取り組みもその一環といえる。長時間労働が多く、共働き世帯が増えている日本でも、このパントリーの定額制が導入されることを期待する人は少なくなさそうだ。

Amazon

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。