体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

中学生の僕がクラウドファンディングしてまで一人旅に出たかった理由

中学生の僕がクラウドファンディングしてまで一人旅に出たかった理由

中学生から届いた一通のメール

ある日、編集部宛てに届いた一通のメール。「僕を取材してください。難しいようであれば、お話だけでもして頂きたいです」。差出人は、中学生でした。

会ってみようと思ったのは、彼が中学生でありながら、一人旅のための資金をクラウドファンディング「polca」で募っていたから。そして、決して長くないメールに率直かつ伝わってくる熱を感じたことからでした。

当時中学3年生だった岩田楽(いわた がく)さんと会ってお話をした編集部は、彼に宿題を出しました。「僕がクラウドファンディングしてまで一人旅に出たい理由」の答えを、今回の旅の間、改めて考えてきてください。旅から帰ってきた後に、もう一度お会いしましょう、と。

こんな面倒臭いことを言う編集部にはもう連絡してこないかもしれない、そんな思いもよぎりましたが、彼はちゃんと約束通り、旅の報告と宿題の答えを胸に、我々と再び会うことになったのです。

今回の旅の目的は“人とのつながり”。三軒茶屋Tシャツを着て居酒屋へ

中学生の僕がクラウドファンディングしてまで一人旅に出たかった理由
―おかえりなさい! 今回の旅はどうでしたか?

「めちゃくちゃ楽しかったです! 今回は、“人とのつながり”を目的に東北・北海道を旅したんですが、とにかく地元の人とたくさん話をしたいと思っていました。

なので行った先々で『地元の人と話がしたいんですが、いいごはんスポットはないですか』って聞いて回ったんです。でもこれが、特に小樽では中々なくて。どうしよう、とウロウロ歩き回っているうちに、おたる屋台村のレンガ横丁にたどり着いたんです。居酒屋に人がたくさん集まっているのを見て、ここしかない! って思いました」

―中学生が、居酒屋ですか? すごい勇気ですね。

「実は、気持ちが決まるまで店の前を3往復くらいしてしてます(笑)。居酒屋入っても、お酒飲めないしなあ・・・とか悩んで。入ったものの、もちろんお酒は飲めないので、お水を頼んで不審がられたり。あ、でもおでんは頼みましたよ」

―そこで地元の人とは交流できたんですか?

「まずお店の人が上着をかけてくれようとしたんですが、僕上着なしでパーカ一枚だったんですよ。そしたら『3月の北海道にパーカ一枚?お前死にに来たのか!』って言われました(笑)。

他にも、東京から卒業旅行で来ていた大学生と話したり、地元のご夫婦がおでんをごちそうしてくれたり、IT関連の事業をしているおじいさんとなぜか農業の話しで盛り上がったり。めちゃめちゃいい時間を過ごせました」

―会話のきっかけは、自分から?

「はい。もともと、話のきっかけになるかなと思って、自分が住む街の三軒茶屋Tシャツを着て行ったんです。それで、まず大学生らしき人たちに『どこから来たんですか?』と聞いて。東京から来た方たちだったんで、Tシャツ見せて『僕も東京の三茶だよ!』って(笑)」

中学生の僕がクラウドファンディングしてまで一人旅に出たかった理由
―小樽以外でも、地元の人といろいろお話できたんですか?

「そうですね。札幌では、泊まったゲストハウスの方に紹介してもらって、日本一周をした女子高生にも会いました。さらにその女子高生に会ったカフェでアカペラのミュージシャンの方と知り合ったんですが、僕のことをすごく面白がってくれて、またさらに北上の方を紹介していただきました。その北上の方は出会った3日後に車で三陸まで連れて行ってくれたんです。

中学生の僕がクラウドファンディングしてまで一人旅に出たかった理由
札幌のカフェにて、アカペラミュージシャンの方と

1 2 3次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。