体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

この質問をする上司こそ、「本気で」あなたと向き合っている

この質問をする上司こそ、「本気で」あなたと向き合っている

世の中の多くの上司が、部下との関係に不安を覚えていて、常にどのようにすれば関係性を改善できるか考えています。

しかしながら、「関係の構築は彼らが考えるほど難しいことではない。単に、今まで以上に彼らと1対1で会話する時間をとるだけで良い。」と、組織・人事コンサルタント会社を経営するMarcel Schwantes氏は『Inc.』で語っています。

部下をどのように管理すべきかということにばかり気を取られがちですが、部下にとっては、上司から何を学べるかの方が大切。

あなたは、部下が今何をしていて、どのように感じ、どんなサポートが必要であるかを注意深く観察し、コミュニケーションをしてください。

そうすることで、彼らは徐々に自分が認められていると感じ、自信を持ち、自発的に生産性を高めていくようになります。そこでできた信頼関係を持って、さらに部下との関係値をよくして行くために、以下の4つの質問を投げかけて見てはいかがでしょうか?

01.
今週した仕事を一言でいうと?

この質問をする上司こそ、「本気で」あなたと向き合っている© SFIO CRACHO/shutterstock

仕事を一言で表現させることで、彼らの本心を知ることができます。その一言を深掘ることによって部下が今までに気づいていなかった問題に気付かせることができ、そこに対する解決策を提示することができるかもしれません。

その質問をした後は、きちんと話してくれたことに対して感謝をしつつ、喋りやすい空気を引き続き作っていく努力をおこなってください。

02.
最近、仕事がたのしかった日は
どんな1日でしたか?

この質問をする上司こそ、「本気で」あなたと向き合っている© Uber Images/shutterstock

この質問をすることで、彼らは自分のした仕事を思い出し、何が楽しかったのか、どんなことがモチベーションに繋がったのかを伝えてくれるでしょう。

ここであなたがすべきは、彼らが仕事をする中で感じた楽しみに再現性があるのか、ないのかを考え、日々の仕事を同じようなものにできないか考えることです。

03.
毎日の仕事のモチベーションを
3つ答えると?

この質問をする上司こそ、「本気で」あなたと向き合っている© Uber Images/shutterstock

部下と話す時間を増やすことで、彼らが仕事をする上で何をガソリンに働いているのかをより深く知ることができます。

そこで知った彼らのモチベーションの源泉に対してさらに深掘ってみてください。なぜその出来事が彼らをモチベートするのか?それを理解することで、他でも活かすことができる彼らの強みになるかもしれません。

04.
より生産的に仕事をするために
私ができることは?

この質問をする上司こそ、「本気で」あなたと向き合っている© GaudiLab/Shutterstock.com

この質問を聞くときは、しっかりと時間をとって、決して急かさないでください。そして、もし彼らが答えに困ったら、直近で仕事が楽しくなかった時のことを聞いてみてください。

もし、彼らが新しく入ってきたメンバーであれば、前職でどんな時に仕事が楽しくないと感じたか聞いてみてください。そして、その回答に対しては、あなたがそれを知っていたら、どんなサポートができたかを考えて見てください。

以上4つの質問を挙げてきましたが、この質問は何のためにするのかを常に心に留めておいてください。

あなたが部下をどのように扱えば管理しやすくなるかを知るためではなく、部下がどうしたら活き活きと働けるかを知るための質問なのです。

これらの質問を日々部下に投げかけ、関係をよりよくする努力をしてみてはいかがでしょうか。Top photo: © Jacob Lund/sutterstock, GaudiLab/shutterstockLicensed material used with permission by Marcel Schwantes

関連記事リンク(外部サイト)

男性上司と上手に付き合う方法
部下に気持ちよく動いてもらうための「3つの質問」
慕われる上司になるため、部下に与えたい「11のギフト」

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。