体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

iPhone Xの液晶保護フィルムがノッチを持つ全画面のAndroidスマホで流用できないかと思いテストしてみた

100 円ショップの「ダイソー」で iPhone X 用の液晶保護フィルムが売られていたので、ノッチを持つ全画面の Android スマホに流用できないかと思い購入して試してみました。
iPhone X 用の液晶保護フィルムに目をつけたのは、iPhone X にホームボタンがないからです。
多くの iPhone X 用液晶保護フィルムに Touch ID 用の加工は無く、画面サイズが合えば Android にも貼れるかな思い、今回は、ノッチを持つ Huawei P20 と ZenFone 5、またノッチはありませんが、サイズ的に合いそうな Xperia XZ2 で試してみました。
実際にフィルムを貼ったのは ZenFone 5 だけですが、それ以外にもフィルムをあてがいサイズ感を確認しています。
上記 3 機種のうち最も相応しいのが同じ画面サイズの Huawei P20 です。
ところが、Huawei P20 には下部にホームボタン & 指紋リーダーが付いており、その窪みにフィルムが被さってしまう結果となったため断念しました。
次は Xperia XZ2 です。
この機種のディスプレイサイズは 5.7 インチとわずかに小さいものの、上下ベゼルに多少の余裕があるのでフィルムを貼っても問題なさそうでしたが、フロントカメラにフィルムが被さりましたし、本記事のテーマはノッチを持つ Android に貼ることですから、敢えて却下しました。
最後は ZenFone 5 です。
この機種のフロント部分に Huawei P20 のようなボタンは一つも無く、フィルムは綺麗に貼れましたし、ノッチ部分もうまく避けていましたね。
ただ、ディスプレイサイズが 6.2 インチと iPhone X より大きいのでフィルムが小さすぎてディスプレイ全体を覆うことはできませんでした。
このテストから iPhone X の液晶保護フィルムは前面にホームボタンや指紋リーダーを持たない Xperia XZ2 程度のサイズの Android に最も合いそうだ、という結論に至りました。
ノッチを持つ端末であれば、ディスプレイサイズは 5.8 ~ 6 インチの端末にフィットすると思われます。

■関連記事
Lenovo Z5ってZUKスマホ並みに安い?
PNYから512GBの大容量Micro SDカードが登場
一部のAndroidユーザーでYouTubeアプリの検索バーデザインが刷新

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。