体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Twitterのプロに訊く! 商品やサービスの発表に最適な瞬間は…

Twitterのプロに訊く! 商品やサービスの発表に最適な瞬間は…
J-WAVEで放送中の番組『J-WAVE TOKYO MORNING RADIO』(ナビゲーター:別所哲也)のワンコーナー「#OHAYOMORNING」。5月31日(木)のオンエアでは、「Twitterで今、その瞬間を捉える」をテーマに、Twitter Japanのブランドストラテジー・マネージャーの橋本昇平さんにお話を伺いました。

■Twitterがマーケティングの最初の波になる

前回の放送は、「ジャブとフックでブランド作りをする」というお話でした。Twitter上にいるお客さんが聞きたくなるような、役に立つことや、楽しいことをツイートするのがジャブ。企業として伝えたいことをツイートするのがフック。ジャブを打ち続けて生まれる最適なタイミングでフックをかけるという、両方があってこそのTwitterマーケティング、という内容でした。

別所:マーケティングとボクシングの意外な組み合わせでしたね。僕が歌って踊っているところをTwitterの動画でアップさせていただいており、いろいろな所で反響をいただいております。これも「戦略的」って、おっしゃっていただいています。

さらに今回は、もう少し具体的にTwitterのマーケティング活用において、「瞬間を捉えること」について教えていただきました。

橋本:“瞬間”のことを、Twitterやマーケティングの業界では「モーメント」とよく呼んでいます。 あらゆる瞬間に、企業と消費者をつなげることができるのが Twitter。 その中でも特に、商品やサービスを新しく発表するような、最初のビジネスの波を起こしていこうという瞬間が、Twitterを積極的に活用するのに、とてもいいんです。
別所:なるほど! なぜ、Twitterが最初の波を起こすのに向いてるんでしょうか?
橋本:今の日本におけるTwitterが、規模感、スピード、影響力の3つの特性を兼ね備えてるからです。4500万人以上の月間アクティブユーザーがいる規模感、何かニュースがあるとリアルタイムに広がっていくスピード、それがテレビなどのTwitterを超えたところにまで及ぶ影響力という3つです。
別所:情報の広がり方も、ここ数年で変わってきた気がするんですけれども、企業としてはTwitter上でどのように動いていけばいいんでしょう?
橋本:たとえば、コンビニエンスストアは頻繁に新商品が登場するそうなんですが、大手コンビニエンスストア・ローソンでは、ものが売れるタイミングとTwitterが利用される時間が、実は共通しているということから、Twitterでのキャンペーンを積極的に実施するようになりました。時間ごとに広告内容を変えています。

具体的には、ランチタイムにはランチ、おやつの時間にはスイーツ、というように、朝と昼に人がコンビニに行くようなタイミングはもちろん、メディアで新商品が取り上げられるタイミングでも、その時間を狙って、Twitterで積極的にキャンペーンを展開しているそうです。

■「Twitter上で最も使われたハッシュタグ」1位の企業は…

橋本:Twitterのキャンペーンは、広告の細かい切り替えができるので、そのメリットを使った工夫や考え方、ビジネスの初動を作っていき、結果としてビジネスの成功の原動力となっています。そのようないろいろな施策を重ねた結果、ローソンは昨年「Twitter上で最も使われたハッシュタグランキング」のブランド企業ランキングで1位を獲得しています。
別所:これって、テレビコマーシャルを流すような、大きな企業だけの話なんでしょうか?
橋本:ローソン以外にも、誰もが知ってるような企業にも定着し始めてるんですが、この考え方自体は、もっと幅広い人たちに当てはまると思っています。新商品の発売のときだけに「出ました」というのでは、非常にもったいないです。最初の波を作るためには、その前と後もきちんと活用していこうという話です。プレスリリースを出すようなタイミングから、Twitterできちんと空気作りをして、情報が世の中に出たあとは、行動を起こしたくなるような後押しをしっかりやっていく。そうして成功させていくことが大事です。
別所:モーメントを掴んだあとも、空気作り、雰囲気を作る後押しが大事なんですね。
橋本:そういったテーマに関しては、先日、 Twitterでも起業や代理店向けにイベントを行いました。 #TwitterBrandSummitで検索していただくと詳細が見られます。

この機会に、Twitterの新しい活用方法に、目を向けてみてはいかがでしょうか?

【この記事の放送回をradikoで聴く】
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『J-WAVE TOKYO MORNING RADIO』
放送日時:月・火・水・木曜 6時−9時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/tmr/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。