体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

さかいゆう『父さんの汽笛』スタジオ生演奏! 別所哲也「泣いてしまった」と感激

さかいゆう『父さんの汽笛』スタジオ生演奏! 別所哲也「泣いてしまった」と感激
J-WAVEで放送中の番組『J-WAVE TOKYO MORNING RADIO』(ナビゲーター:別所哲也)のワンコーナー「ZOJIRUSHI MORNING INSIGHT」。5月31日(木)のオンエアでは、シンガーソングライター・さかいゆうさんが登場。スタジオでの生演奏とともに、6月20日(水)にリリースする新作EP『Fight & Kiss』について伺いました。

■ピアノを始めたきっかけ

さかいさんは、高知県出身。18歳のときに音楽に目覚め、20歳で上京。22歳のときに単身でロサンゼルスに渡り、独学でピアノをはじめました。さかいさんが楽器をはじめた理由は、なんだったのでしょうか?

さかい:たまたまですね。たまたま始めて、頑張りました。
別所:ピアノとかバイオリンって、3歳からやらきゃダメという感じが強いじゃないですか?
さかい:そういう考えは、僕の中にはあまりなかったです。「上手くなろう」というよりも、気づいたらずっとピアノを弾いていたので、それがよかったのかもしれません。友だちもいなくてお金もなくて、やることもないから、ピアノを弾くことしかなくて、一日中ピアノを弾いていましたね。
別所:高知から20歳で上京するじゃないですか。それは音楽に目覚めたんですよね?
さかい:一応、ミュージシャンになろうと思って上京してきたんですけど、ミュージシャンになろうとしている友だちがいて、夢に破れて、亡くなっちゃったんですけど、それがきっかけですね。そんなきっかけで入ってみたら、いい大人がめちゃくちゃ楽しそうに演奏しているわけですよ。エリック・クラプトンの『アンプラグド』とかみて、「あんな大人になりたい」と、そこからですね。

さかいさんは、最近もLAに行き、「昔からの憧れ、マーヴィン・ゲイやスティーヴィー・ワンダーのドラマー、ジェームス・ギャドソンとレコーディングをさせてもらいました。夢が叶いましたね。スタジオの中では、夢の毛布で包まれてました」と語りました。

■『Stand By Me』と『もののけ姫』を繰り返し演奏

続いて、高知にいた頃の意外な音楽遍歴も話してくれました。

さかい:好きだったのは、演歌とか歌謡曲。小さいときに父が演歌、母が歌謡曲しか聴かない人だったんで、それしか情報がない。田舎なので、そればっかり聴いてましたね。レコード屋さんもなかったし。
別所:初めて人前で歌ったときは覚えてますか?
さかい:初めて歌ったのは高知で、橋の下でロウソクに火をともして。橋の下はリバーブがかかるんです。そこで歌っていると、女子高生たちは逃げていくんですけど、酒を飲んだオジサンたちは「兄ちゃん、歌上手いな」と寄ってくる。で、『Stand By Me』と『もののけ姫』しかレパートリーがなかったので、それを3時間くらい繰り返してました。ちょっと変わったお兄さんみたいな感じでした。

■『父さんの汽笛』を弾き語り生演奏

オンエアでは、NHK『みんなのうた』に使用された曲『父さんの汽笛』をピアノで弾き語り生演奏をしていただきました。ネットでは「歌詞が泣ける」と話題の同曲。演奏を聴いた別所も「やばい、泣いてしまった……。まじでいいですね!」と感想を述べました。その後、さかいさんが父について話してくれました。

【放送はコチラ】さかいゆう『父さんの汽笛』弾き語りを聴く

さかい:父には「作ったよ」と言ってないんです。うちの父は変わっていて、遠洋漁業みたいな感じで、年に1〜2回しか会えなくて、父の性格をあまり知らないんですよね。だから、今は年に2〜3回とか頻繁に家に帰れるようになって、そのときにできるだけしゃべろうと、コンタクトを試みるんですけど、2分後くらいに話すことがなくなって(笑)。でも、親子なので言ってることや感じていることはわかるんですよ。母は平気でべらべら話すんですけどね。

『父さんの汽笛』は、新作EP『Fight & Kiss』に収録されています。さかいさん曰く、内容は「ピアノ、ファンク、パンク」とのことで、「フェスでもガンガンやりたいです」と語りました。

さかいさんは、8月6日(月)にBillboard Live TOKYOで、「さかいゆう Billboard SPECIAL LIVE “Fight & Kiss”」が決定している他、9月23日(日・祝)に、富士急ハイランド コニファーフォレストで開催される「Augusta Camp 2018 ‐20th Anniversary‐」に出演します。こちらもぜひチェックしてみてください!

【この記事の放送回をradikoで聴く】
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『J-WAVE TOKYO MORNING RADIO』
放送日時:月・火・水・木曜 6時−9時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/tmr/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。