体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

チャットモンチー、奥田民生から出題されたクイズに「答えたくない」

チャットモンチー、奥田民生から出題されたクイズに「答えたくない」
J-WAVEで放送中の番組『SPARK』。5月の水曜日はマンスリー・ナビゲーターとして、チャットモンチーが登場。最終週となった5月30日(水)のオンエアでは、奥田民生さんからのクイズやチャットモンチーによる漫才で盛り上がりました。

■「うそつき」なミュージシャン?!

まずは、リスナーからの相談に答えました。

「私は自分に自信が持てず、つい人を疎ましく、羨ましく思ったり、周りの評価ばかりを気にしてしまいます。もっと自由に生きたいです。このモヤモヤの解決策を教えてください」

これに対して、橋本も他のミュージシャンを疎ましく思うことがあると言います。

橋本:いろんなバンドやミュージシャンが、すごく輝いて見えることはありますよ。ステージを見るとキラキラしてて、どんなに「俺らなんか……」って言ってる人たちでも、ステージに立つと別人になるやん。そしたら「うそつき! めっちゃカッコイイやん!」って思う。
福岡:(笑)。
橋本:「うわ〜。いいな〜」とか、めっちゃ思うよ。
福岡:なるほどね。羨ましく思ったり、評価が気になりますか?
橋本:気になります。
福岡:周りの目を気にしないで生きたいという相談者は、どうしたらいいかな?
橋本:気にしすぎたら疲れるはず。
福岡:そうね。
橋本:疲れて「しんどい」ってなったときに、「時間がもったいない」と思うはず。
福岡:結局そこにいき着くよな。
橋本:モヤモヤしたり、人のことを見てるときとかに、「なんの時間?」って思う。 それに気づいたときに「気にしないでいい」って思うかな。でも、相談者のことを「いいな」って思ってる人も、きっといるやん。 だから「どっこいどっこい」。
福岡:そうね。それこそ、この前、仕事でビールを飲んだじゃないですか。それで、 飲みながらえっちゃんと歩いて帰ったじゃない。私、「歩きながらビールを飲める人になりたい」って言ったよな。
橋本:言ったな。
福岡:私が、ポケットにスルメを入れて飲みながら歩くのが夢だって話をしたら、えっちゃんが「『元チャットモンチーの福岡晃子』って写真撮られるよ」って言ってた。それって、めっちゃ“人の目”やな。
橋本:そうそう。
福岡:「確かにそうかも」と思ったけど、私はもう気にしない。
橋本:気にしないの?
福岡:モノクロで映ろうが。
橋本:「元チャットモンチー」って出ても?
福岡:それはちょっと嫌だね〜(笑)。
橋本:嫌だよね(笑)。
福岡:ポケットからスルメを出してるところとかは、やめてほしい。歩きながらビールを飲んでるのはいいけど。
橋本:でもそういうときに、あっこちゃんがよく言っている「笑いにする力」が作動して、「なんか、おもろい」みたいな。
福岡:周りのことを気にしてたら、結果的に「時間を無駄にした」って思うから。
橋本:そう。何にもできなくなっちゃうからね。
福岡:気配りはいいと思うけど、あんまり気にしすぎず、外でビール飲んでみてください(笑)。
橋本:最高だね!
福岡:夏が来るから開放的なことをしてみたらいいんじゃない?
橋本:そうだね。

■答えたら終わってしまう

後半は、チャットモンチーをよく知る人が、チャットモンチーに関するクイズを出題するコーナー「チャットのこと知っとQ」をお届け。今週の出題者は奥田民生さんだと聞いて、ふたりは大喜びでした。

1 2次のページ
J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。