体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

19歳のフォトグラファー、「若さ」という武器について

19歳のフォトグラファー、「若さ」という武器について 弱冠19歳のフォトグラファーLean Lui。香港生まれの彼女が若い女性を被写体に表現する世界は、日本のあることわざに大きな影響を受けているのだという。 「いちばん好きな言葉は、“花は桜木人は武士“です。わたしは短命なものこそ美しいと思っています。この作品では、そういうわたしの美の価値観を表現しています。花はすぐに散るから美しい。若さだって、永遠に続くものじゃないから美しいのです」

 19歳のフォトグラファー、「若さ」という武器について© 2018 LEAN LUI19歳のフォトグラファー、「若さ」という武器について© 2018 LEAN LUI19歳のフォトグラファー、「若さ」という武器について© 2018 LEAN LUI19歳のフォトグラファー、「若さ」という武器について© 2018 LEAN LUI19歳のフォトグラファー、「若さ」という武器について© 2018 LEAN LUI19歳のフォトグラファー、「若さ」という武器について© 2018 LEAN LUI19歳のフォトグラファー、「若さ」という武器について© 2018 LEAN LUI  「若さ」を武器にできる年代はすぐに終わってしまう。別に「若さ」を失ったから美しさも失うわけではない。20代には20代の、30代には30代の、各年代ごとの美しさがある。そしてそれを楽しむのが女性として生きる醍醐味なんだろうなあ。 ちょっと飛躍したかもしれないけど、Leanの作品を通してこんなことを考えた。  Top photo: © 2018 LEAN LUILicensed material used with permission by LEAN LUI

関連記事リンク(外部サイト)

19歳のスマホ写真家「機材よりもスキルでしょ!」
植物と人が融合して、「新たな花」として生まれ変わる。
この写真の裏に隠されたフォトグラファーの「怒り」。

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。