体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ワンポットでつくる!ハーブ香る「夏のチキンクリームパスタ」

ワンポットでつくる!ハーブ香る「夏のチキンクリームパスタ」

クリームベースのパスタって、どうしても重たいイメージ。
だけど、今回「Food52」のLindsay Maitland Huntさんが紹介するパスタは、ハーブとレモンでさっぱりめ。
クリームベースなのに軽めな口あたりで、夏バテしててもペロリといけちゃいます。

さらには唐辛子を入れるから、ちょっぴりスパイシー。
もちろん辛いのが苦手であれば抜いてもOKです。クリーム系が好きな男子も女子も、普段あまり食べない人も、大満足してくれるはず。

そして、このパスタも、ワンポットで仕上げます!ラクチン〜。

ワンポットでつくる
「スパイシー&クリーミー チキンパスタ」

ワンポットでつくる!ハーブ香る「夏のチキンクリームパスタ」© 2018 James Ransom

全粒粉/全麦パスタを使うとき、上質なものを選べば味も一変(ちなみに私はSfogliniやRustichella d’Abruzzoが好き)。このレシピではかなりの量のハーブを刻まないといけませんが、ハーブを多めにすると、ソースの濃さ(脂っぽさ)をうまく中和してくれます。もしパセリとバジルだけでも、1/2カップ分は簡単に刻めますよね。

※このレシピはこちらにも取り上げられています。

材料:4人分

無塩バター:大さじ2

シャロット(細切り):大2個

アレッポ唐辛子もしくは唐辛子フレーク(砕いたもの):小さじ1

コーシャーソルト:小さじ2

黒胡椒(挽いたもの):小さじ1

全粒粉パスタ:340g(ペンネ、リガトーニ、マカロニがおすすめ)

鶏がらスープもしくは水:4カップ(960ml)

鶏肉:390g(2カップ)

ヘビークリーム:1/4カップ(60ml)

オレガノ、パセリ、セージ、バジルなどのハーブ(細かく刻む):1/2カップ

レモン果汁:大さじ2

レモンの皮からとった果汁:小さじ1

作り方

【1】大きなダッチオーブンを中火にかけて、バターを溶かしたら、シャロット、アレッポ唐辛子(もしくは砕いた唐辛子)、塩、黒胡椒を入れる。シャロットがしんなりして黄金色になるまで、5〜8分ほど火にかける。

【2】そこにパスタと鶏がらスープ(もしくは水)を入れ、ふたをかぶせて沸かす。湧いたらふたを外して、よく混ぜる。パスタが底にくっつかないよう注意しながら、パスタがやわらかくなるまで8〜12分茹でる(使うパスタブランドによって茹で時間は要調整)。そこに鶏肉とクリームを足して、火が通るまで1〜2分待つ。それからハーブ、レモン果汁、レモンの皮から絞り出した果汁を入れる。

【3】熱いうちに召し上がれ。盛り付ける際には、ハーブとアレッポ唐辛子をさらにプラスして。Written by Lindsay Maitland HuntTop photo: © 2018 James RansomLicensed material used with permission by Food52

関連記事リンク(外部サイト)

疲れた夜は、茹でるだけの「手抜きパスタ」で決まり!
おやつ代わりに「パスタサラダ」を
モバイルサイズの「パスタ図鑑」

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。