体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

本当に全く甘くないのか、『ウィルキンソン・ハード無糖グレープフルーツ』。散々騙されてきた甘くない缶チューハイ・アピール、今度こそ本物なのか!?

“全く甘くない”をキャッチフレーズに堂々と掲げた本格無糖缶チューハイシリーズの「ウィルキンソン・ハード」。ウィルキンソンなら、やってくれるはず。たとえフルーツフレーバーでも、無用な甘さは避けてくれるはず。そんな『ウィルキンソン・ハード無糖グレープフルーツ』を検証だ。

全く甘くないどころか、むしろ苦い、本当の意味での全然甘くないチューハイでガツンと飲める、しっかり酔った!

缶チューハイ系は、無糖と書いてあっても甘いことが大半。”甘くない”とうたっていても、飲むとフルーツの甘みが…、なんてことが多い。糖質ゼロでも人工甘味料で甘くするし…。

じゃっかんコワモテ

 

正直甘いお酒というものは糖分を含むので悪酔いの可能性が高いもの(糖質ゼロを除く)。昔からアルコール初心者が甘いカクテルをホイホイ飲んで、トイレから出てこなくなるのはあるあるだ。

実際問題、甘いお酒というのは、そんなに世間に必要とされているのか? とコーヒーもブラック無糖党の記者は思う。アルコール系はむしろキリッと甘くなくしておいてくれとしょっちゅう思う。

さて、それでは甘くないと噂のアサヒビール『ウィルキンソン・ハード無糖グレープフルーツ』(350ml缶・希望小売価格 税抜141円・2018年4月24日期間限定発売)を検証してみよう。

ちなみにこれは最近ブームとなっている高アルコールタイプ。調子に乗ってグイグイいくと結構泥酔してしまうので注意が必要なアルコール度数9%。ベースはジンで、グレープフルーツの果皮から香りのみを抽出するという徹底ぶり。

糖質はゼロだし、甘味料も入っていない。これで甘いはずがない。それでも疑ってしまうのは、これまで散々騙されることが多かったから。

酔わないチューハイなんてムダ。1本でもきちんと酔いたいよね

 

プルタブを落とすと、清冽なグレープフルーツの香り。そう、苦みばしったタイプの。香りは確かに甘くない。それでは本編突入。ぐいっといく。ビリビリの炭酸感とアルコール感にグレープフルーツのフレーバーは感じるのだけど、確かに甘くない。やった。

ウィルキンソンならではの強炭酸に強アルコールに苦味、飲みにくいったらありゃしないのに、うまい!

 

これはうれしい。もう甘くないどころか、グレープフルーツピールの苦味とジンの酒感が加わり、かなり罪深いほどの酔っ払い味である。大人の男に似合う苦みばしった味わい。アルコール度数も強いので、クラっとくるけど、そこがいい。

 

 

これはいいと思っていたら、残念ながら期間限定。甘くない派の人、入手はお早めに。全国の酒販店、スーパー、コンビニエンスストアなどで購入可能だ。

 

 

関連記事リンク(外部サイト)

『ウィルキンソン・ハード無糖ドライ』甘いが主流の缶入りストロング系シーンに”ちょ待てよ”する無糖強炭酸
無糖で透明、だけどコーラ!? 謎の『ウィルキンソン タンサン ドライコーラ』の味わいを確かめてみよう!
無糖炭酸ブームの火付け役がさらにビリビリにパワーアップした『ウィルキンソン タンサン ドライ』を投入したのだが…!
甘さはいらないが刺激は欲しい! 大人のための直飲用無糖炭酸『カナダドライ ザ・タンサン・ストロング/ザ・タンサン・レモン』!
“甘くない”ストロング缶チューハイ6本比較! いちばん甘くないのは、そして美味いのはどれだ!?

おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。