体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

おしるしから出産まで。人それぞれの出産にドキドキ!

f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

私は初産でどのように出産を迎えるのか想像がつかなかったですが、友人からおしるしがなく破水から始まったとか、いきなり本陣痛がきて病院へ向かったなどとと話を聞いていました。

人それぞれ違うため、私はどのように出産を迎えるのかドキドキしていました。 関連記事:2回目は超スピード出産!出産の兆候すら気付かなかった私の経験談

前駆陣痛などの前兆がなかなか現れずやや焦りを感じていた頃、ちょうど40週になった朝9時頃、起きてすぐにトイレに行くと便器が真っ赤になっていて出血していることに気がつきました。パニックになりおしるしなのか破水なのか良くわからず、とりあえず病院へ連絡をしました。

・出血は鮮やかな赤色

・量は生理の多い日くらい

・弱い生理痛のような痛みあり

これらのことを病院の助産師へ伝えたところ、おしるしとのことでした。

おしるしが見られてから3日後に前駆陣痛が現れました。その3日間はナプキンにやや出血が付く程度で、色は赤〜赤黒い感じでした。

出産の前日の夕方から20〜60分のバラバラの間隔でお腹の痛みを感じました。痛みは弱い生理痛のような痛みで、一応スマホのアプリで間隔を測ることにしました。その日の夜19時頃、痛みの間隔は10分程度に短くなっていました。痛みもなんとなく夕方よりは強くなった気がしました。

再度病院へ連絡すると、これは前駆陣痛で今から間隔が短く、痛みは強くなるから入院、準備をしておくよう言われました。

夜中2時頃、痛みの間隔は3〜5分程度になっていてじっとしているのが難しいくらいの強い痛みになりました。病院へ連絡し夫と向かいました。

病院へ着いて中に入るまでも、陣痛で動けなくなり痛みが落ち着いたら歩くといくような感じで、なかなか進むことができず大変でした。

陣痛室へ横になりお腹にモニターを付けながら本陣痛が来るのを待っていました。朝方8時頃、陣痛間隔が1分間隔になり、かなり強い痛みが来るようになってやっと分娩台へ上がりました。

そこから痛みと戦いながら力むこと2時間、赤ちゃんが出てきました。

感動と痛みからの解放で全身の力が抜けました。 関連記事:3人産んでも毎回が「初めて」!それぞれ経過が違った私の出産体験

私はおしるし→前駆陣痛→本陣痛→出産、初産で15時間という教科書通りの出産でしたが、友人の話にもあったように同じ初産でもどう出産を迎えるかは人それぞれです。ただ、自分の心の準備にもなるので、もし周りに出産された方がいたら話を聞いておくといいかなと思いました。

著者:リンリン

初産、1児の母です。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

これが、おしるしだ!
おしるしがキターーー!!でも量が多くない?不安になって電話してみると… by きのかんち
もう生まれるの?まだなの?次男のお産はハプニングの連続でした!

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。