体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

GoogleはSnapdragon 710を搭載したPixelのミッドレンジモデルを投入予定?

Google が来年にも Snapdragon 710 を搭載する “モバイルデバイス” を発表するとの噂がネット上で伝えられました。
これは WinFuture のライターで、リーク情報を度々垂れ流している Roland Quandt 氏による情報です。
ツイートの中で指摘されたモバイルデバイスがスマートフォンなのかどうかすら定かではありませんが、2019 年上半のうちに発表されるというのです。
Snapdragon 710 はスマートフォン用の SoC なので、もし噂が本当なら Google はこれをスマートフォンに搭載すると予想されます。
歴代の Pixel スマートフォンは Snapdragon 800 シリーズを搭載するハイスペックな仕様なので、それよりも一つグレードを下げた点を考慮すると、Google はこれまで出してこなかったミッドレンジクラスの Google スマートフォンを投入しようとしているのかもしれません。
Google のハードウェア事業は、当初、開発者向けのリファレンス端末やおもちゃを供給することや、Android のパートナー企業を鼓舞するために行われてきたと見られていますが、Pixel スマートフォンを発売した 2016 年からは、この分野を本格的な事業として展開しています。
こうした方針転換から Google は Apple の iPhone SE のように、比較的購入しやすい機種の必要性を感じ、Snapdragon 710 を搭載する機種を出すことに決めたのかもしれません。
Pixel 3 SE? Pixel 3 mini? Pixel 3 Lite?、Pixel 3 XS? いろんな名前が思いつきます。
Source : Twitter

■関連記事
Google、Androidの公式サイトからタブレット用のタブやランディングページを削除
GoProをマウントできるGPSドローン「MJX Bugs 3 Pro」が発売
Androidにネイティブの顔認証機能が実装か?AOSPへのコミットがヒントに

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。