体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

文化系強面マッチョの、あふれる「読書愛」

文化系強面マッチョの、あふれる「読書愛」

人は見かけによらないとは言うけれど、やっぱり第一印象は大事。たとえば面接を受ける場合、何を話すかばかり考えてしまうけれど、見た目などの印象で約90%が決まるのだとか。

とはいえ、一瞬の見た目だけではわからない魅力や人間性を、誰しも持っているもの。清楚でおとなしい人なのに実はヘビメタが好きだったり、社交的で明るい人なのに休日は引きこもり派だったり。

そして、この屈強なBODYが自慢のJamesさん。
ゴリゴリの体育会系に見えて、実はこんな一面が……。

“本”が好きすぎて好きすぎて、
こんな写真撮りはじめました。

文化系強面マッチョの、あふれる「読書愛」文化系強面マッチョの、あふれる「読書愛」文化系強面マッチョの、あふれる「読書愛」文化系強面マッチョの、あふれる「読書愛」文化系強面マッチョの、あふれる「読書愛」文化系強面マッチョの、あふれる「読書愛」© James Trevino/Instagram

根っからの読書好きだというJamesさん。たまたまそのとき読んでいた本をインスタに投稿したことをきっかけにBookstagramの存在を知り、自分自身も本を使ったユニークな写真を投稿したいと、ブックスタグラマーとしてこれらシリーズをはじめたのだそう。

みんなが楽しんでくれるから、どんどん難しくてユニークな写真になってるよ。

彼本人も言っているとおり、最新の投稿からはじめたころの写真にスクロールして遡ると、クオリティが上がっているのがわかります。

筋トレと同じく、”継続の力”ですかね。

こう見えて、
おちゃめなんすよ、俺。

と、彼本人が言っているわけじゃないけれど、コワモテなのに茶目っ気たっぷりにこんな写真を取っているのがなんともいい感じ。

ほんと、人は見た目によらないし、継続は力なりだし、好きこそ物の上手なれ、です。文化系強面マッチョの、あふれる「読書愛」© James Trevino/Instagram ブーーーンブーーーン文化系強面マッチョの、あふれる「読書愛」© James Trevino/Instagram ブーーーンブーーーンブーーーン文化系強面マッチョの、あふれる「読書愛」© James Trevino/Instagram

本ってさ、知らない世界を見せてくれるんだよね。
もぅ、ほんと、すき。ちゅっ。文化系強面マッチョの、あふれる「読書愛」© James Trevino/Instagram

インプットしたことは、しっかりアウトプットしなきゃ。ふぅ〜文化系強面マッチョの、あふれる「読書愛」© James Trevino/Instagram 本があれば、俺んちには家具なんかいらねぇのよ。文化系強面マッチョの、あふれる「読書愛」© James Trevino/Instagram ちょっと疲れたし、モンスターボールの中でねんねしたい……むにゃむにゃ。文化系強面マッチョの、あふれる「読書愛」© James Trevino/Instagram 遅刻しそうでも本は絶対持っていくんや!文化系強面マッチョの、あふれる「読書愛」© James Trevino/Instagram

ワアァーーーーァッ(もはや謎)文化系強面マッチョの、あふれる「読書愛」© James Trevino/InstagramTop photo: © James Trevino/InstagramLicensed material used with permission by James Trevino

関連記事リンク(外部サイト)

【海外で話題】知的で賢い?読書好きの男子がモテる「11の理由」
ベッドタイムの読書のための「壁掛けシェルフ」
「猫と、本と、それからわたし」の心地イイ家できました。

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。