体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Huawei、Android用の新ファイルシステム「EROFS」を開発中

Huawei は、Android デバイスのストレージ性能を向上させるだけでなく、ストレージ利用の効率化にも貢献する新しい読み取り専用のファイルシステム「EROFS」を開発しているようです。
Huawei が予告している「恐ろしい技術」というのは、この EROFS が関係しているのかもしれません。
EROFS は Linux 向けのファイルシステムとして開発されていますが、将来的には Android デバイスに組み込まれる可能性があります。
Huawei のエンジニア Gao Xiang 氏は、Android デバイスで使用されるオープンソースの Linux ファイルシステム「EROFS」を開発したと Linux のメーリングリストで発表しました。
注意しないといけないのは、EROFS はまだ開発の初期段階であって完成していないことです。
すぐに Android デバイスで利用できるというわけではありません。
EROFS(Extendable Read-Only File-System)は、Android デバイスでの使用を想定して開発されている読み取り専用のファイルシステムで、読み書きするオプションでマウントするファイルシステムを置き換えるものにはなりませんが、従来のファイルシステムを Read Only でマウントするよりも優れたパフォーマンスを出せるように設計されていることと、Kirin 970 といったハードウェアと連携させることで実現する特別な圧縮モードを備えていることが現時点で分かっています。
Android デバイスのファイルシステム構成の中には Read Only でマウントしているものもあり、それらが EROFS に置き換えられると、ファイルの読み出しにかかる時間は短縮するはずなので性能は向上し、また、それらのファイルはファイルシステムレベルで圧縮されるので、システムストレージの消費量を削減することも期待できます。
Source : phoronix

■関連記事
Lenovo、Yoga Book 2 Proを開発中
Chromebookのファイル管理アプリがAndroidのファイル全てにアクセス可能に
Android用のGoogle検索で誤ってユーザーのSMS履歴を表示するバグが見つかる、Googleは修正に着手中

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。