体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

新型オービスの「移動式」は複数車線を同時測定

新型オービスの「移動式」は複数車線を同時測定

新型オービスと呼ばれる非定置式オービスによる取り締まりが増えています。非定置式のオービスはネズミ捕りと違ってカメラで記録できるため、速度超過車両をその場で停止させたり、キップを切るサイン会場といったスペースが不要。しかも移動式の新型オービスは複数車線を同時測定するのです。

移動式オービスの夜間の使用を目撃

新型オービスは当初、学校周辺の生活道路などで運用という話があったものの、フタを開けてみると幹線道路などでも目撃例が相次いでいます。資料を元に、移動式の新型オービスの性能のほどを紹介しましょう。

スウェーデンからやってきたセンシス社の簡易移動オービスとも言える「MSSS」(モービル・スピード・セイフティ・システム)。見た目はまるで火星人。測定ユニット内にはカメラとレーダーが装備されており、複数車線を追跡できます。

また、バッテリーは8時間程の充電で1,000件の取り締まりが可能と高性能。おまけにデータは40,000件も入ります。埼玉県では、夜間の使用が目撃されています。測定ユニットの前方に三脚付きのストロボが置かれたりするので、従来のレーダー取り締まりよりも発見しやすいかもしれません。

移動式オービスのMSSSの取扱説明書の開示資料には「レーダー照射角度(29度)よりカメラ画角(18.5度)が狭いため、取締り車線がすべてカメラで撮影できていれば速度計測が可能」と記載されています。

移動式オービスの撮影ポイントは?

なお、移動式オービスMSSSの性能をアピールするセンシス社の公式動画が2本、YouTubeにアップされています。1つはアニメーション動画、もう1つは実写映像の「MSSSvs ポルシェ911」。PR動画ではありますが、開示請求では黒塗りされてしまうような移動式オービスの性能がつかめるでしょう。

公式アニメーション動画では、移動式オービスが3車線を同時に計測できることを紹介。開示資料では黒塗りされる推奨レポートライン(撮影ポイント)は、ここではオービスから50m手前となっていました。

実写映像では、300km/hで爆走するポルシェを移動式オービスが捕らえた実写映像が閲覧可能。MSSSが正確に速度を測定し、フラッシュの閃光でドライバーの顔を恐ろしいほど鮮明に撮影しています。

PR動画からわかる移動式オービスMSSSの性能としては、追跡可能距離は10~150m(撮影ポイントは手前50m)、測定回数は1秒間に21回測定、撮影車線は最大3~6車線、測定速度は4~360km/hとなります。(写真/オービスガイド)

関連記事リンク(外部サイト)

白バイ隊員がそっと教えるスピード違反の交渉術
覆面パトカーの見分け方は追い抜くクルマの車内
交通違反キップをサイン拒否したらどうなる?
オービスの速度違反は車線をまたぐと測定不能?
覆面パトカーの見分け方「ユーロアンテナ」とは

ラジオライフ.comの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。