体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

食べて飲んで、また食べて。ソウルの夜は終わらない

食べて飲んで、また食べて。ソウルの夜は終わらない

海外でも国内でも、旅先で写真に収めるものと言えば、観光地の名所旧跡、あるいは風景。もちろん、土地に根付いた食べものも。ですが、後から振り返ってみると、「食」はなぜかスマホに収まってることのほうが多かったりしません?

「これ、おいしかったよー」なんて具合に、その場でSNS投稿しやすいっていうのもあるのかな。

さて、そんな旅先の「食」を中心にソウルのナイトライフを紹介したコンテンツがこちら。アムステルダムのイラストレーターCoenは、ソウルの夜が大好きだとかで。

食べたり飲んだり、そしてインスピレーションを得て。そんなCoenが描くソウルは、私たちの知るそれとほとんど同じでしょ?

食べて、飲んで、また食べて。
ソウルの夜の楽しみかた

食べて飲んで、また食べて。ソウルの夜は終わらない© 2018 Coen Pohl まずは、やっぱり焼肉から。食べて飲んで、また食べて。ソウルの夜は終わらない© 2018 Coen Pohl

チヂミもソウルフード。
ペアリングはマッコリ。食べて飲んで、また食べて。ソウルの夜は終わらない© 2018 Coen Pohl

かーらーのお酒ならば、やっぱりソジュ!食べて飲んで、また食べて。ソウルの夜は終わらない© 2018 Coen Pohl どんちゃん騒ぎでグラスは危ないから缶ビールね。食べて飲んで、また食べて。ソウルの夜は終わらない© 2018 Coen Pohl トッポギがしみる〜ぅ。二日酔いに効く気がするし。食べて飲んで、また食べて。ソウルの夜は終わらない© 2018 Coen Pohl 深夜の肉まんは、背徳的うまさでしかない。食べて飲んで、また食べて。ソウルの夜は終わらない© 2018 Coen Pohl 韓国にもあるんです、たい焼き。呼び名は「ふな焼き」だけどね。食べて飲んで、また食べて。ソウルの夜は終わらない© 2018 Coen Pohl そして夜は更けていく。食べて飲んで、また食べて。ソウルの夜は終わらない© 2018 Coen Pohl

ネカフェで始発を待ちますか。Top photo: © 2018 Coen PohlLicensed material used with permission by Coen Pohl

関連記事リンク(外部サイト)

韓国風「海鮮丼」は、ちょっと豪快にかき込むくらいがちょうどいい
「ぜんぶ知った気にならないで」。そう聞こえるような韓国の写真
余ったビールで料理を劇的に美味しくする裏ワザ

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。