体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

2万円台のドライブレコーダー売れ筋No.1の実力

2万円台のドライブレコーダー売れ筋No.1の実力

交通トラブルに備えて用意しておきたいドライブレコーダー。万が一に備えるための製品だけに、安さだけでなく信頼性や機能性も考慮しなければなりません。このため、ドライブレコーダーは多機能な2万円台の価格帯がおすすめ。そこで、2万円台のドライブレコーダー売れ筋No.1の実力を見ていきましょう。

ドライブレコーダー手動録画モード

2万円台の価格帯のドライブレコーダーで最高レベルの解像度を誇るのが、JVCケンウッドの「DRV-830」です。最大2560×1440ドット、フルHDの1.8倍の精細さで標識やクルマのナンバーを鮮明に撮影します。

ドライブレコーダーの操作も簡単で、電源オンとともに自動で撮影開始。本体底面の「REC」ボタンを押すと手動録画モードになり、上書きされずに事故の証拠などを保存できます。

画角は144度(水平132度、垂直70度)で、保存形式はMOV形式、記録メディアはmicroSDカード(最大128GB)です。microSDカードスロットは2つ搭載。スロット1からスロット2へとリレー録画が行えるので、より長時間の撮影が可能です。

ドライブレコーダー専用ビューワー

実際にドライブレコーダーで撮影した映像をチェックしてみました。2560×1440ドットで撮影すると、昼なら文字がクッキリと判読でき、標識・看板・クルマのナンバーが鮮明に描写されています。明暗差を自動補正するHDRモードで撮影すると、トンネルを抜けた直後、やや明るい映像にはなるものの白トビを抑えて撮影できました。

夜に撮影した映像はコントラストが強めで、信号の色や電飾の文字が強調されて描写。クルマのナンバーもしっかり確認できました。電源はDC14.4V、サイズ/重さは87W×55H×35Dmm/110g。実勢価格は23,490円です。

このドライブレコーダーは多機能な無料の専用ビューワー「KENWOOD DRIVE REVIEWER」も魅力。地図をクリックしたところから映像を再生したり、映像から拡大した画像を作成できたりと便利機能が満載です。対応OSはWindows10/8.1/7、Mac OS X 10.11以上となっています。

関連記事リンク(外部サイト)

高速料金が割引になる年会費無料のサービスとは
プリウスの隠しコマンドで整備モードに切り替え
高速料金の支払いは後日でも大丈夫だった!?
プリウスの隠しコマンドで表示される裏メニュー
タイヤの側面を見れば製造年月日などが一目瞭然

ラジオライフ.comの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。