体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

成城石井の新作スイーツ、ベトナムで愛される「チェー」を実食ルポ!

190176-05

人気デザート、成城石井のカップスイーツ

成城石井の新作スイーツ、ベトナムで愛される「チェー」を実食ルポ!
成城石井の人気デザート、カップスイーツ。色とりどりのカップスイーツがずらりと並ぶコーナーは、いつ訪れてもわくわくしてしまいます。

成城石井の新作スイーツ、ベトナムで愛される「チェー」を実食ルポ!
こちらは筆者が20年近く愛するコーヒーゼリー。コーヒーゼリーの苦味とミルクゼリーの甘みが絶妙です。ミルクゼリーに角切りのコーヒーゼリーが浮かんでいるビジュアルもご褒美感があって好きです。

しかし本日のお目当てはこちらではなく、2018年6月1日に新発売された2種のエスニックデザート。

ベトナムのローカルスイーツ「チェー(Chè)」

成城石井の新作スイーツ、ベトナムで愛される「チェー」を実食ルポ!
じゃーん。こちらが新発売のカップスイーツ、「マンゴーとナタデココのチェー」と「2種豆とココナッツのミルクチェー」です。

チェーとは、ベトナムの食堂や屋台でよく見かける伝統的なスイーツ。甘く煮た豆類や芋類、寒天や果物など複数の具材にココナッツミルクをかけて食べ、あたたかいものと冷たいものがあります。具材の種類も組み合わせもいろいろ。ベトナム現地で愛され続けるおやつです。

成城石井の新作スイーツ、ベトナムで愛される「チェー」を実食ルポ!
今回の2つのチェーは、このベトナムのローカルスイーツを成城石井ならではのこだわりをもって開発されたそうですよ。実は、成城石井最高峰のオリジナル商品シリーズ「desica(デシカ)」のラインナップ。数々の自家製惣菜を生み出してきた職人の技とこだわり、そしてバイヤーの調達力があるからこそ生まれたスイーツなんです。

「マンゴーとナタデココのチェー」「2種豆とココナッツのミルクチェー」実食ルポ!

成城石井の新作スイーツ、ベトナムで愛される「チェー」を実食ルポ!
さて、早速いただいてみましょう。と、ここで、実はカップが上下2段に分かれていることに気づきます。なるほど、お弁当などでもたまに見かけますね。これだと見た目の美しさも保てるし、素材の食感も失われません。

「マンゴーとナタデココのチェー」

成城石井の新作スイーツ、ベトナムで愛される「チェー」を実食ルポ!
まずは「マンゴーとナタデココのチェー」から。ベースであるソースは2層になっていて、真っ白な方はココナッツミルク、上にかかっているのがアングレーズソース(カスタードソースの一種)だそうです。これだけでも十分おいしい。バナナの風味がココナッツとぴったりで、優しい甘さです。つい「もっと」と食べ進めてしまいそう。

成城石井の新作スイーツ、ベトナムで愛される「チェー」を実食ルポ!
もちろん、ちゃんと具材ものせていただきますよ。すべての具材がスプーンにのるように盛って・・・これは! 想像していたよりずっと爽やかです。マンゴーゼリーのプルプル感、ナタデココのコリコリ感がいい感じで変化をつけてくれます。これはこの夏確実にリピートしそう。

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。