体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

iPhoneの「絵文字のアスリート」、近くで見ると結構イケメン。

iPhoneの「絵文字のアスリート」、近くで見ると結構イケメン。

 

絵文字、だいすき!

あくまで文章の横にちょっといるだけの
直径にして5mmにも及ばない彼らに夢中です。

だれもそんなちゃんと見ないのに
めちゃくちゃ律儀につくられてるって知ってました?

たぶんこのままだと、ずっと
「だれもちゃんと見ない」だろうから、始めました。

彼らに、心からの敬意と慈愛をこめた
「絵文字をただただじっくり観察するだけ」の連載。

🏄 🏄 🏄 🏄 🏄 🏄 🏄

emoji_04
ー アスリート編 ー

【水球】

iPhoneの「絵文字のアスリート」、近くで見ると結構イケメン。

「え、近くで見ると結構イケメンじゃん」。この水球男子こそ、今回の「アスリート編」を書いちゃったきっかけのメン。正真正銘の不利アイテム・スイムキャップをかぶっているのに、それを感じさせないこのルックス。きっと彼はキャプテン。「おーい!いくぞー!」ってチームのみんなをまとめる掛け声すら聞こえてくる気がしませんか?(しますよね?え、しません? いや、するでしょ)

結論「ぜったい彼はキャプテン」

【サーフィン】

iPhoneの「絵文字のアスリート」、近くで見ると結構イケメン。

いわゆる「雰囲気イケメン」かもだけど、なんていうか「親しみやすい」。つくったご飯、永遠におかわりしてくれそう。っていうかたまにご飯つくってくれそう。わかりやすくモテるわけじゃないけど、じつは一部でめっちゃモテてそう。だけど長年付き合ってる彼女がいて、その子をめっちゃ大事にしてそう。サーファーなのに前髪が“七三分け”なのも好感。

結論「好きになると、なにげに一番つらいタイプ」

【水泳】

iPhoneの「絵文字のアスリート」、近くで見ると結構イケメン。

まぁ……泳いでるときってみんなちょっと顔崩れるよね。しょうがない。このメンは「イケメン」かどうか判断しかねるのですが、近寄ってみると、すごい勢いで左上を見ながら泳いでいることがわかってびっくりしたので特別に紹介。いやでも、そこそこ鼻筋も通ってるし、口も大きすぎず、小さすぎず、なかなか整っているのでは?

 結論「見てみたい、あなたがゴーグル、とったとこ(絵文字川柳)」

 Photo by TABI LABO

関連記事リンク(外部サイト)

iPhoneの「絵文字のおせんべい」、醤油の塗り加減が絶妙すぎる。
iPhoneの「絵文字のかき氷」、スプーンまで超よくできてる
iPhoneの「絵文字のメロン」は、絶対おいしい。

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。